Yahoo!翻訳に首っ丈

今までテキスト翻訳と言えば、ワシの知りうる限りExciteがはじめてサービスとして提供してました。なんで、例に漏れずテキスト翻訳をしたいときはExceiteでやっていたのですが・・・Yahoo! JAPANテキスト翻訳を利用して、あまりの便利さに感動すら覚えました 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

サーバ製品等のマニュアル(ヘルプ)を仕方なく読まないといけないことが多々あり、するってーと、どうしても英語を読まなくてはいけないわけで、英語に苦手意識のあるワシにとっては眠くなる作業。実際、読むときは大体の意味はわかるんだけど、ところどころに「なんだこれ?」という単語があるのが問題だったりします。単語を調べるのには、アルクのページで調べることが多いのだけど、それだと単語単位で調べる必要があるので非常に効率が悪い。

そこで登場するのが「テキスト翻訳」。話がそれるけども、ワシの会社ではページ翻訳はProxyでフィルタリングされているので利用できない・・・。怪しいサイトにページ翻訳経由でアクセスするのを遮断するためだそうな。で、話を戻してテキスト翻訳。そう、Yahoo!のテキスト翻訳。これ初めて使ったんですけど、便利!

何が便利かというと。実際に使ってもらうとわかるのですが、翻訳を実行するとExceiteと同じようにソースに貼り付けた文章を翻訳したものが右のテキスト ボックスに表示されます。ここまでは一緒なんですが、その下に文節ごとにソースと翻訳した文章が列挙されます。しかも、ソースの単語にマウスのフォーカスを移動させると、その単語と翻訳した文章の単語がハイライト表示されるんです。ワシの使い方としては、自分の知らない単語にフォーカスを当てて、単語の意味だけ調べるといったかたちです。単語の別の意味が知りたい場合は、ソースの単語をダブルクリックすれば、その単語を辞書検索したページが開いてくれます。

んー、便利ヽ(´ー`)ノ

Yahoo!翻訳に首っ丈

コメントを残す