オリンピックの2020年の東京開催に思うこと

オリンピックの2020年の開催地が決まったことをfacebookを見て知りました。そもそも、昨日(?)決まることすら知らないぐらい、まぁ自分にとってはどうでもいいことなんですが。

ま、高校のとき(いちよう)陸上やってたし、スーパー陸上とかも見に行ったこともあり、世界のトップアスリートをこの目で見れることは、それはそれは興奮することだとは思ってる。

しかし、自分にとって気になるのは、やはり福島第一原発の問題について。開催地が決まるにあたり、東京では問題ないとか言ってるようですが、そういう問題か?と思ってしまうわけです。

よくあるトラブルプロジェクトと一緒で、現場が認識しているヤバイ!という状態が上に伝わっていないという日本のダメなパターンにはまってるようにしか自分には見えないんです。正直、福一の収束が10年そこらでなんとかなるか?って、チェルノブイリの状況を見ればアホでもわかるわけで。

なので、事の問題の重大さが本当に上に伝わったときにどうなるんだろう?と。どうせ「対処できるって言っちゃってるんだから、何とかしろ!」みたいなことを言われるのが目に見えて、なんかツラい。

ダラダラと書いてしまっていますが、、少しでも早く上位層が問題の重大さを認識し、問題の対処に全力投球されるために、今回の件がよいキッカケになればと思うしだいです。

オリンピックの2020年の東京開催に思うこと