【Blog記事感想】技術なきマネジメントの衰退とその対策 – メソッド屋のブログ

ワシが大好きなMicrosoftのエバンジェリストの牛尾さんのBlogの記事です。
これを読んで思ったことを書き留めておきます。
続きを読む “【Blog記事感想】技術なきマネジメントの衰退とその対策 – メソッド屋のブログ”

【Blog記事感想】技術なきマネジメントの衰退とその対策 – メソッド屋のブログ

【解決?】Windows7でIE11がインストールできない

IE11をインストールしていた状態から、IE8で動作確認する必要があったため、IE11をアンインストールしてIE8の状態にしていました。その状態から、再度IE11をインストールしようとしたところ、インストールできない!という事態に。

ログ(C:\Windows\IE11_main.log)で、とにかくずっと出ていたエラーは、下記のもの。「IE11-neutral.Downloaded.cab」をインストールする処理がどうやってもエラーになるというものです。インストールでエラーが発生したらこのエラーログ(C:\Windows\IE11_main.log)を見ることをオススメします。

INFO: Launched package installation: C:\Windows\SysNative\dism.exe /online /add-package /packagepath:C:\Windows\TEMP\IE1AF41.tmp\IE11-neutral.Downloaded.cab /quiet /norestart
INFO: Process exit code 0x00003715 (14101) [The identities of the manifests are identical but their contents are different. ]
ERROR: Neutral package installation failed (exit code = 0x00003715 (14101)).

ほんとにね。やることは全部やった気がします。
が、ハッキリ言って、どれもこれもダメでした。

下記のサイトに書いてあることは、大抵やりました。でも、ダメでした。

最終的にやったのは、2015年以降にインストールされたWindowsに関わるパッチをすべてアンインストールして入れなおしました。これも、インストールしなおした直後は、IE11のインストールはエラーになっていました。

が、今日になってIE9をインストールしろとOSが言ってきていたので、IE9をインストールしようとしたらエラーに。うるさいので、IE9のBlockerを設定。その後、念の為にIE11のエラーログ(C:\Windows\IE11_main.log)を取っておこうとおもって、IE11のインストーラをキックしたら、そのままインストールできちゃった感じ。

正直なところ、決め手となるものが何か?はわかっていません。

が、Windowsに関わるパッチのインストール順序?などにより不整合を起こしているのは間違いなさそうです。なので、私と同じようにパッチをインストールし直すというのは、問題の改善の手助けになるかもしれません。

【解決?】Windows7でIE11がインストールできない

Excelでオブジェクト間を直線等のコネクタで接続するも、微妙にズレる!

Excelのバージョンを2007以降にしてからだろうか?Excel上のオブジェクトをコネクタ(矢印の線)で接続した場合に、何故かズレるようになって気持ち悪かったのだ。以前のバージョンではオブジェクトをCtrlとか押しながら移動させれば綺麗に揃ったものが、現状会社で使っているExcel2013ではオブジェクト配置を整列しても問題が解消されないので、半ば諦めていた。

しかーし、解消するための方法があったことに今になって知った。
えーっと詳しくはリンク先のページで見て欲しいのですが、コネクタのプロパティで高さが「0」でないとズレるっぽいです。これをデフォルトで「0」にする方法が知りたいものです。。。つーか、これってバグじゃないんですか?

Excelでオブジェクト間を直線等のコネクタで接続するも、微妙にズレる!

MicrosoftとYahoo!と・・・

ここ数日、IT界隈においてMicrosftがYahoo!に対して買収提案を行ったというニュースでもちきりである。その額は446億ドルという、もうよくわかんない数字。記事としては色々ありすぎるので、その中から以下のリンクを適当にピックアップしてみた。

しかし、MicrosoftがYahoo!をというのがワシにとっては衝撃だった。「まさかそんな時代がくるだろうとは・・・」という感じ。ここに至る経緯を知れば、まぁ納得はいくとはいっても、である。他の業界についてはよく知らないが、ワシの感覚ではトヨタが日産を買収するようなイメージと言えば伝わるだろうか。

今から10年以上前、検索エンジンと言えば「Yahoo!」だった頃が懐かしい(笑)

ほんとにこの業界の進化のスピードの速さには驚かされる。2年ほど別次元の仕事をしていたせいか、気がつけば周りの状況は想像以上に変わっている。最近のトレンドとしてはGoogle、Facebook、Salesforce.comなどに共通するプラットフォームをサービスとしてインターネットを介して提供するというものだという認識でいる。下記の記事でもそんなようなことが言われている(今更、なのかもしれないが)。

そういう意味だと、MicrosoftもYahoo!もこの波には乗り遅れている。ワシの会社は当然ながらそんな波があることすら知らないでいる人が大勢だ。この先どうなるかわかるわけもないのだが、とりあえずワシは波にのってみることにするよ。

MicrosoftとYahoo!と・・・

Windows Updateの処理が異常に遅くなる?

会社のノートPCを朝起動したときに、どうもUpdateチェックで異常に遅くなることが最近に頻発することがあった。気がついたときに、タスクマネージャーで該当する「svchost.exe」を終了させてたんですけど。
かといって、手動でWindows Updateすると、いつまでたっても終わらない。。。

先ほど、タイトルとは関係ないことをMicrosoftのサポートページで調べようとしたら・・・トップで下記のKBが公開されていることを発見!

現象
Microsoft Windows XP、Microsoft Windows Server 2003、および Microsoft Windows 2000 で Microsoft Update、Windows Update または自動更新を実行すると、以下のいずれかの問題が発生することがあります。

  • エラー コード 0x8DDD0009 が表示され、Microsoft Update に失敗する。
  • コンピュータの負荷が高くなり、長時間 Microsoft Update が完了しない。[タスク マネージャ] でパフォーマンスを確認すると、CPU 使用率が高い状態になっている。

ぬぬ。まさにこれではないか!

やってみたところ、チェックは終わるようにはなりました( ´ー`)フゥー...
遅いのは遅いけどね。
まぁ、ノートPCで、かつHDDを全て暗号化してるから仕方ないですな。

Windows Updateの処理が異常に遅くなる?