[Salesforce.com] 画面を開発する際の性能について その1

SFDCのForce.comというプラットフォームで物を作るのは、何かよくわかんねーけど「面白くない」。
今まで普通に出来ていたことができなくなるからかもしれない。
でも、クラウド上で物を作る場合には、こういったことは普通になるのかもしれません。

まず、画面を作る際には下記の2つの選択肢がある。

  • SControl・・・HTMLとJavaScriptでゴリゴリ作る感じ。
  • VisualForce・・・ASP.NETモドキ

まぁ、どっちでも作れますが、現状ならVisualFroceをお勧めする。

何故か?

SControlもVisualForceもSFDC上のServletを介してページが生成されている。ま、どっちも呼び出されるたびに生成処理が走るので速くはないのは同じだが、SControlだと共通の処理記述したJavaScriptを外だしすることが出来ない(静的リソースを使うことができない)分、コード量が多くなってしまう。そのため、サーバサイドでのページの生成処理に負荷がかかる分、VisualForceに比べてもどうしても遅くなってしまうからです。

しかし、VisualForceもまだまだ出来たてホヤホヤなんで、、、。例えば、Winter ’09がリリースされて、VisualForceのページはデフォルトだと標準画面とは別のドメインで動くようになった。おかげで、標準の画面との間でクロスドメインの制限を気にする必要が出るようになった。
セキュリティ上の問題(セッションハイジャックとか)があってこうなっているらしいのですが、SSLで通信してても問題になるのかどうか?私がバカなんで理解できていません。誰か教えてください。

また、VisualForceやSControlで作成した画面を標準画面レイアウトに埋め込むことができるが、出来る限り最小限に抑えたほうがいい。これらの画面を埋め込むと、実際には標準画面に「IFRAME」で呼び出されるようになる。当然ながら、埋め込んだ数が増えれば増えるほど、どんどん遅くなる。しかも、CPUの処理に依存して性能差が出てくる。

なので、標準画面はカスタマイズで出来る範囲でおさめて、どうしても画面を作る必要がある場合は、その画面をポップアップのようなかたちで別画面として単体で表示するような仕様に落とし込むことを考えたほうがいい。

あくまでこれは現状での話しであって、今後改善されるかもしれないです。

つーかさぁ、これから先クラウド上での開発が主流になるのかねぇ。。。

[Salesforce.com] 画面を開発する際の性能について その1

[Salesforce.com] Force.com 移行ツールを使った展開について

最近の仕事ではsalesforce.com上での開発をずっとやっている。色々と痛い目を見てノウハウもたまってきたのもあるし、ネット上であまりに情報がないってのもあり、そろそろココにも残しておこうかなと。

salesforce.com(以下、SFDC)は、言わずと知れたSaaSの代名詞のような会社です。これから更にSaaSのようなクラウド化が進み標準となってしまうのか?そして、それでいいのか?は、まだよくわからんです。

で、一発目は。ちょっと頼まれてまとめたので、ついでということで。開発したモジュールをSFDCに展開する方法についてです。
尚、本番環境(SandboxやDeveloper環境ではない)に展開する場合は、テストコードの用意をお忘れなく。

続きを読む “[Salesforce.com] Force.com 移行ツールを使った展開について”

[Salesforce.com] Force.com 移行ツールを使った展開について

Google Chrome

噂で囁かれていたGoogleのブラウザが満を持して登場した。その名も「Google Chrome」。Firefoxが台頭してきたあたりから、第2次ブラウザ戦争と思しき様相を呈していたが、ついに役者が出そろったというところだろうか。
現状のWebではAjaxなどのJavaScriptを多用したページが多く、IEではハッキリ言ってお話にならないので、こういったブラウザは大歓迎である。

とりあえず、使おうとして困ったのが。インストーラーが会社のProxyを超えることができないという罠(;´Д`)他にも、GoogleのGearのインストーラーも超えることができない。正直、そろそろ何とかしてもらいたいもんだ。

ちょっとした裏ルートで会社のPCにもインストールしたが、何故かマウスのホイールで上に進まないとか、Google Readerでエラーでまくりとか、タブ開くたんびにプロセスをあげてくれるからワシの貧弱なマシンでは厳しいとか、現在開発しているとあるSaaSアプリがまともに表示できないとか、会社ではハッキリ言って使い物にならんかった。
家に帰ってきて早速インストールしたら、まぁ普通に使える。が、FirefoxでAdblockを入れて広告を表示してないせいか、普段見るページのあまりの広告の多さに閉口した。。。もう3年ちかく見ていないテレビも広告の塊だが、Webも右に倣えなんだなぁっと思ったり。(Googleなだけに広告を表示しないようにはできねーだろーなー・・・w)

とまぁ、あまり前向きなことを書いてませんが、ページの描画スピードはFirefox3と比べてかなり速いのは確か。普通にブラウズする分にはもってこいやもしれん。個人的に気になったのは、Firebugを意識した機能が標準で実装されているところ。こいつがデバッガとして使えるようになれば、かなり強力になるかも。

個人的にGoogleのアプリでもっとも気に入っているのはPicasaなんだけど、気がついたらバージョンアップしていた!!

続きを読む “Google Chrome”

Google Chrome

WorldWide Telescope

WorldWideTelescope

5/12にベータ版が公開された、MicrosoftのWorldWide Telescope
早速使ってみたが、いまいちよくわかんねぇ~(;´Д`)
とりあえず、大好きな木星をマウスでグルグル回してみたぐらい。

なーんか、Google Earthが出たときは大興奮したけど、これはいまいちピンとこない。
どっちかというと情報過多になってきてるし、面白みのあるものは出尽くしたのかねぇ。

WorldWide Telescope

Twitter 日本語版

Twitterの日本語版が公開されたようです。

個人的にこの辺のブームに乗り遅れており、最近になってようやく登録してはみたものの
一人でつぶやいたところで意味ないし・・・(汗)
誰か、利用している人いたら友達になってくださーい。

「swk623」で登録してますです。

あと、FirefoxのTwitter用のアドオンとしては下記のものがあります。

Twitter 日本語版

MicrosoftとYahoo!と・・・

ここ数日、IT界隈においてMicrosftがYahoo!に対して買収提案を行ったというニュースでもちきりである。その額は446億ドルという、もうよくわかんない数字。記事としては色々ありすぎるので、その中から以下のリンクを適当にピックアップしてみた。

しかし、MicrosoftがYahoo!をというのがワシにとっては衝撃だった。「まさかそんな時代がくるだろうとは・・・」という感じ。ここに至る経緯を知れば、まぁ納得はいくとはいっても、である。他の業界についてはよく知らないが、ワシの感覚ではトヨタが日産を買収するようなイメージと言えば伝わるだろうか。

今から10年以上前、検索エンジンと言えば「Yahoo!」だった頃が懐かしい(笑)

ほんとにこの業界の進化のスピードの速さには驚かされる。2年ほど別次元の仕事をしていたせいか、気がつけば周りの状況は想像以上に変わっている。最近のトレンドとしてはGoogle、Facebook、Salesforce.comなどに共通するプラットフォームをサービスとしてインターネットを介して提供するというものだという認識でいる。下記の記事でもそんなようなことが言われている(今更、なのかもしれないが)。

そういう意味だと、MicrosoftもYahoo!もこの波には乗り遅れている。ワシの会社は当然ながらそんな波があることすら知らないでいる人が大勢だ。この先どうなるかわかるわけもないのだが、とりあえずワシは波にのってみることにするよ。

MicrosoftとYahoo!と・・・