Systems Management Server 2003

今日になってわかったということが問題ではあるのですが・・・

まずタイトルの「Systems Management Server 2003(以下、SMS 2003)」 (゚Д゚ )ナニコレ? ということになると思います。まぁ、MicrosotのServer製品です。企業内のコンピュータにアプリケーションを配布したり、どういうソフトウェアがインストールされているのか?また、ハードウェアの情報(CPUが何だ?メモリの容量がどれぐらいだ?などなど)の収集ができ、この2つが主な使われ方です。興味のあるかたは、リンク先で確認してみてください。

このSMS 2003のアドオンツールとして、Systems Management Server 2003 Software Update Scanning Toolsなんてものがありまして、これを利用することでセキュリティパッチを企業内のコンピュータ(もちろんMS製品のみ)上で動作するOS、Application、Serverへ適用することがちょっと楽になります。あくまでちょっとで、運用でカバーしなくてはいけない面が多々あります。そのへんのノウハウがSIerの腕の見せ所にでもなるのでしょうか?ねぇ。
「セキュリティパッチの適用」となると、当然Service Packも含まれるもんだろうと思うと思います。そしてこれが今日わかってやるせなくなったことなんですが、Service Packの適用はこのツールでは対応してませんΣ(゚Д゚;エーッ! まぁ、何かしら言い訳はあるのでしょうが、この辺のことについては実際ドキュメント等でほんのちょっとしか触れられていません。Microsoftらしいといえばそうなんですがね。はっきりと書かないで、遠まわしに表現することが多いので・・・

つーかよー、SMS(以前のバージョンを含めて)って売れてんの?と思うんですが。まぁ、そうとうシェアは小さいと思います(ワシの勝手な憶測)。しかーし、セキュリティの問題がとりざたされているせいか(元はというと自分で蒔いた種という策略でもある)、結構引き合いがあるんですねぇ(こんなこと書いていいのかなぁ・・・(´▽`*)アハハ )。こういうときには、Microsoftのマーケティング力、ブランドってものは目を見張るもんがあるなぁっと思ったりします。ぶっちゃけ、政治的ものはかなりのウェイトを占めてるんでしょうがね(・∀・)ゲヘラヘラ

Systems Management Server 2003

Systems Management Server 2003” への1件のフィードバック

コメントを残す