Search Engine

IT業界において熾烈を極める戦いが繰り広げられているものの一つとして、「検索エンジン」があります。インターネットが普及しはじめて間もない頃(ワシ自身の話なので、8年前ぐらいですかねぇ)に自分の見たいサイトを探すときといえば、Yahoo!に行くのが当たり前でした。それに目をつけて、gooとか、infoseekとかが現れて似たようなページが乱立したもんです。
そんな中、突如現れたのがgoogleですよ。情報量もさることながら、サイトに独自の重み付けをし、人気のあるサイトを検索結果に反映させるという新しい手法(お金を払うことで、右側のリストに表示させたり、検索結果の上位に表示するというビジネスモデルには感動したものです)を用いて急成長をとげ、今では検索するといったらまずはgoogleにいくのではないでしょうか?最近では、このgoogle様に対抗するためにMicrosoftが何かがんばってたりしますけども。

で、前置きが長くなってしまいましたが、じゃぁこれからはどうなるの?ってことですよ。実際にgoogleで欲しい情報を見つけようとしても、検索キーワードでうまく絞りこまなければ全然関係ないページが出てきてしまいます。その問題を解決するために、色々な試みがなされているようです。手法としては、検索結果をカテゴライズして表示するといったものです。詳しいことは、以下のページを見てください。

『グーグル』を超える新たな検索ツール

VIVISIMO
——————————
上記のURLで紹介されていたの検索エンジンなのですが、これがまたよくできてます。ほんとこんなもんをよく考えて、作るもんだなぁって思います。実際に行ってもらうとわかるのですが、「Document Clustering」とはうまく言ったもんです。

Grokker
——————————
これも同じく紹介されていたもので、サイトではなくてクライアント上で動作するアプリケーションのようです。まだ試していないので、時間のあるときに触ってみたいと思います。

Search Engine

コメントを残す