Reporting Services と Windows SharePoint Services

デモ環境を作るためにSQL Server 2000 Reporting ServicesとWindows SharePoint Services(SharePoint Server 2003も)を同じマシンで動かそうと思ったのだけど、どうも簡単にはいかないことがReporting Services Books Onlineを参照したところ明らかになった。

[ヘルプより抜粋]
——————————
Reporting Services と Windows SharePoint Services の併用時インストールを有効にするには、以下の手順を実行します。

1. Reporting Services のインストール中に、アクティブ化エラーが表示されることがあります。発生するアクティブ化エラーは、すべ  て無視します。

2. Windows SharePoint Services の除外ディレクトリの一覧に、Reporting Services の仮想ディレクトリを追加します。既定の仮   想ディレクトリを使用して Reporting Services をインストールした場合、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
  既定では、STSADM.EXEは C:Program FilesCommon FilesMicrosoft Sharedweb server extensions60BIN にあります。

STSADM.EXE -o addpath -url http://localhost/ReportServer -type exclusion
および
STSADM.EXE -o addpath -url http://localhost/Reports -type exclusion

3. SharePoint の Web.config ファイルの HttpModules 構成要素の下に次の行が存在しない場合は追加します。既定では、  SharePoint の Web.config ファイルは、C:Inetpubwwwroot にあります。


セッション状態モジュールの追加に加えて、pages 要素のセッション状態を有効にするために、enableSessionState 属性の値 を false から true に変更する必要もあります。構成ファイルのエントリは、次のようになります。

4. インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャから、レポート サーバーが SharePoint サーバーとは別のアプリケ  ーション プールにあることを確認します。レポート サーバーの管理ユーザー インターフェイスであるレポート マネージャは、元の  インストール先と同じアプリケーション プールに保持できます。レポート サーバーを別のアプリケーション プールに割り当てるに  は、まず新しいアプリケーション プールを作成する必要があります。新しいアプリケーション プールの作成後、[Web サイト] を展  開し、[既定の Web サイト] を展開します。次に、セットアップ中に作成したレポート サーバーの仮想ルート (既定では   [ReportServer]) を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。[アプリケーション プール] ボックスの一覧から、新しく作成した  アプリケーション プールを選択します。アプリケーション プールの詳細については、インターネット インフォメーション サービス  のマニュアルを参照してください。

5. 最後に、rsactivate ユーティリティを使用して、Reporting Services のローカル インスタンスをアクティブ化します。rsactivate ユ  ーティリティを使用するには、Reporting Services セットアップの一部として、管理ツールおよびユーティリティをインストールする  必要があります。既定では、rsactivate は C:Program FilesMicrosoft SQL Server80ToolsBinn にあります。既定の場所  にレポート サーバーをインストールした場合、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。

rsactivate -c “C:Program FilesMicrosoft SQL ServerMSSQLReporting
ServicesReportServerRSReportServer.config”

[しかし・・・]
——————————
上記のとおり実行すると、

「Web サービスを開始できませんでした: レポート サーバー Web サービスで公開キーが作成されていません。
サービスが正常に開始されていない可能性があります。詳細については、ログ ファイルを参照してください。」

とエラーが出る。。

同じようなことが以下のForumでも書かれている。

[SQL Server]SQL Server 2000 Reporting Services – rskeymgmt.exe/rsconfig.exe/rsactivate.exe
http://blogs.sqlpassj.org/mitsugi/archive/2004/03/18/1172.aspx

見たところ・・・上記のエラーが出た場合は「再インストール!」とみんな言っている。。ワシは初期インストールなんすけど(;´Д`)あまりにわからんので、パートナーコールセンターに電話して聞くも、わかりません。だとよ。けっ、相変わらずつかえねー

デフォルトでインストールしたときの実行ユーザは
「NT AUTHORITYNETWORK SERVICE」

[手順]
——————————
1. rskeymgmt.exe -d
2. rsconfig -c -s 7s9100220-bsc -d ReportServer -a windows -u NT AUTHORITYSYSTEM
3. rsactivate -c “C:Program FilesMicrosoft SQL ServerMSSQLReporting ServicesReportServerRSReportServer.config”

まだまだうまくいかない・・・つーか、同居できるのか?

Reporting Services と Windows SharePoint Services

Reporting Services と Windows SharePoint Services” への1件のフィードバック

  1. Windows SharePoint Servicesとはヘルプの手順でインストールできることを確認しますた。
    SharePoint Portal Server 2003との同居は無理っぽい。
    まぁ、普通にそんな構成になることはありえないからいいんだけど。。

    つーわけで、VMWareでデモ環境の構築がやっと終わった( ´ー`)フゥー...

コメントを残す