QWERTY

QWERTYに対する挑戦–キー配列を改良したキーボードが公開へ – CNET Japan

上記の記事が目に付いたので、読んでみた。
最初は、「何を今更?」と思っていただけども、
色々と調べるうちにそうではないことに気が付いた。

まず、「QWERTY」ってなんじゃらほい?

えぇ、そんなことも知らんかったよ(;´Д`)

QWERTYとは

英字の最上段のキー配列、左から6文字がqwertyの並びであることから、このように呼ばれているらしい。

なるほど。

じゃぁ、この配列になったのは何でなんだと思って、
ウィキってみました(ググるの真似?)。

QWERTY配列 – Wikipedia

ほほぉ。つまり何故?このQWERTY配列になったのかは?
未だにわかってないんですねぇ。

で、また話を戻します。
このキーボードが受け入れられるか?

個人的には新しい物ってことで興味はありますw
今更あたらしい配列を覚えるのも面倒だけども、
それは直ぐに慣れるからそれほど問題だとは思いません。

プログラムしか書かないなら、意味があるかも?しれません。
しかし、日本語を入力するのに今のキー配列で困ってるか?
といわれると「別に」というところだろうか。

それよりも問題なのは。
「Ctrl + v」といったショートカットをどうするか?ということ。
マウスを片手にショートカットを駆使するような場合、
キーボードで両手が塞がってしまうのはかなりデメリット
だと思います。

POPなデザインは好きなんだけどなぁw

QWERTY