Microsoft vs iPod

ある上級マネージャーは、匿名を条件に、「携帯型の音楽プレーヤーを所有するマイクロソフト社の従業員のうち、約80%がiPodを持っている。とんでもないことだ」と語った。

このマネージャーの見積もりによれば、メーカーを問わず音楽プレーヤーを所有しているのは、マイクロソフト社の従業員の80%だと見られるので、要するに、同社の敷地内やその近くで働いている2万5000人の従業員の中に、1万6000人のiPodユーザーがいることになる。

大人気です。やっぱり、いいものはいいってことで!
iPodがどうのってよりも、Windows Madeia Playerをどうにかするのが先だと思うんだが・・・

でも、実際問題。自社製品を喜んで使っているような会社って、そうあるもんじゃないように思うのは、ワシぐらいだろうか?ほんとうに自分たちがいいと思うものを世に送り出す、ワシにとっては贅沢なことだと思いますよ。こういうことで悩んでるってことは、まだまだ会社としては正常かと。

ちなみにこの記事の英語のタイトルは「Hide Your IPod, Here Comes Bill」だったw

Microsoft vs iPod

コメントを残す