MANAS 2003/10/18 – 19

もー、楽しすぎたー♪

今現在、感想を書く気力および体力がないので明日中にココに書き加えます。ふぅー
ってことで、お待たせしました(汗)

————————————————————
18日土曜日。天気、快晴。気温、ちょっぴり寒め。前の日に、色々やっていたせいか、睡眠時間は2時間ほど。朝、7時になっちんに迎えにきてもらい(ほんとに朝早くにご苦労さまでした)、モニタースピーカを詰め込む。でも、結局スピーカ使いませんでした。美味しい空気を吸いに行かせただけ。。で、バッタ邸に移動し、車を乗り換え一路長野に向け出発!
実際のところ長野までパーティで行ったのは、はじめてのような気がします。行楽シーズンというのも手伝って、途中までは道も込んでいましたが結構すんなり。中央道を降りて、地図を見ながら進む。国道からほんとにココ入っていくの?みたいなところを曲がり、暫く進むと林道。鉄板かと思ったら、ゴムみたいなトラップを越え、廃屋を横目に進んで13時ごろに到着!(運転お疲れさんでした>バッタ)インターを降りてから、30分?ぐらいってところですかね。
場所をこの目でみたときは、ほんとにアガリましたね♪いやもう、マジで最高なんですよ!こじんまりとして、周りはすべて山。そして、雲ひとつない空。電気も通ってて、薪で焚く風呂もあったり(今度行ったときは、絶対入るぞぉー)、いやもう完璧です。こんな場所を提供してくれたおっちゃん、探し出したガンマさん、整備をしてくれたGENさん、TAKEさん、アベちゃん、ETC、ほんとにありがとう♪

音が出始めたのは、18時。シュンくんのアンビDJからスタート(実際は、アベちゃんがレゲエのDJをやるはずだったのですが、3曲ぐらいでやめちゃった?)。まさにシュンくんといった感じでよかったです。20時から、ken-kenのDJ。前回はほとんど聞けなかったのであれなんですが、これまたずいぶんと大人しくなってました。あのバキバキのken-kenが・・・かなりビックリでした。これからどこに向かっていくのか、ちょっと気になります。続きましては、21時30分から、TAKEさんのDJ。うーん、相変わらずカッコイイ選曲ですねぇ。あの選曲だとやっぱり日が出てからのほうがシックリくるかなぁっと思いました。
で、23時30分から2時まではワシのDJです。前回に比べて、だいぶ踊りやすくはしたと思うんですけどねぇ。実際のところどうなんでしょう。。途中、MFGのWhen We Dreamって曲をかけているとき、最後のいちばん盛り上がるところで電気が「ブツッ」といったのは、かなりショックだった(汗)それも手伝って(言い訳)、流れを取り戻すのにちょっと苦労した。しかし、2時間半もやらせてもらって、それはそれは楽しませていただきました♪
で、ワシの後はGENさんのDJ。いやぁ、かなりヘビー級でしたねぇ。そのときワシは火のそばで動けなくなってしまったのは、言うまでもない・・・最後にかけていた爆裂ロック!?、あれはすんごかった。次は4時から1時間のGOKUHUTOのLive。この時間はワシはアンビのほうでDJをやっていのであまり聞けてないのですが、かっこよかった!やるなぁって思いました。5時から6時は、WATAさんのDJ。6時から7時までは、SaikariomのLive。えっとぉ、ごめんなさい。アンビしてたら、そのまま寝てしまいました(汗)
7時から10時半のロングプレイは、バッタのDJ。最近の傾向ですが、前半は結構バキバキでしたねぇ。相変わらず、いい選曲するなぁっと感心しました。その後、ワシのわがままで10時半から11時半までやらせてもらいました。実際にやってみると頭の中のイメージとかなり音が食い違っていたと思います。夜のDJはだいぶ慣れてきたんですけど、まだ日が出てるときの音を構築するのは全然ダメですね。これからの課題ですな。昼にカッコイイDJをやるのが、ひとつの目標ではありますから(笑)そして、最後に12過ぎまでTAKEさんとGENさんがうまくまとめて終了ぉ~

ほんとにいいパーティだったと思います。それが実現できたのは、あの場所にいたみんなのおかげです。アリガト!(´▽`)また来年、あの場所で出来るのかと思うだけで、ウキウキです(笑)その前に、白馬!?


ウーハーの運搬、ご苦労さまでした>ひろぽん
帰りの運転、ご苦労さまでした>なっちん、ひでちゃん
倉庫への荷物の搬送、ご苦労さまでした>ken-ken、ひろぽん、バッタ
きてくれて、ありがとう>おきゃくさん
そろそろ車買え(?)>ワシ

MANAS 2003/10/18 – 19

MANAS 2003/10/18 – 19” への1件のフィードバック

  1. そういえば、朝方電源落としてしまったくせに、自分のことばっかり書いてました。ごめんなさい。

コメントを残す