Maestro

MaestroつってもMicrosoftの製品の開発コードです。
ずいぶんと大げさな名前を付けたもんだw

むむむ。いったいこれはどんなものなのだろうか?
まったくといっていいほど、予想していなかっただけに面食らってます(´ヘ`;)
まぁ、無償で色々出ているものを組み合わせてやるのではなく
これを使えばOK!みたいなものだといいのぉ。。

MaestroはBusiness Objects、Cognos、Hyperionといった業界のトップ企業の製品と競合するという。

んー、ずいぶん大きく出てきたなぁ、というのが正直な感想。しかも

Maestroを利用するには、データベースプログラムのSQL Serverや情報共有ツールのSharePointといった、いくつかのMicrosoft製アプリケーションを併用する必要がある。

Maestroは無料ソフトをベース開発されたが、もとのソフトと比較し、より多くのデータソースからデータを取り込めるようになっているという。

なんてことからも、ほどほどに期待して待ってます。

Maestro

Maestro” への1件のフィードバック

コメントを残す