Mac OSXでSquidを導入して認証付Proxyを突破させる

会社にてテスト用に入手したMacBook Pro。普段使わずに放っておくにはもったいないので、Macで仕事ができるか?ということで色々と使ってみています。そんな中で、Windowsでも同様につまづく、Proxyの問題にMacのOSXでもぶち当たりました。

会社ではインターネットに接続する際に、社内のProxyを経由して接続しないといけないのですが、こいつが認証も必要なためにアプリによってはうまく処理できなくて動かないことが多々あります。例えば、Office 2016のインストールやSublimeTextのPackageのインストールなんかは、引っかかってうまく動作してくれません。
なお、Windowsだとローカルで動かすお手軽なProxyがあるので、そいつを動かして回避しています。ちなみに今使っているのはyappaってやつで、設定で会社のProxyのアドレス、ユーザIDおよびパスワードを指定するだけなので簡単です。

で、Macで同じようにローカルにProxyをたてて回避しようと思って、簡単に使えるProxyがないものか?と調べてみましたが、ありませんでした。過去にdolipoってアプリがあったのですが、既に公開されていたサイトもクローズされていて利用できませんでした。

でで、下記のページに行き着き、Squidを導入して回避することに決めました。
Proxyならnginxじゃね?って思うところはあるのですが、設定が面倒なイメージがあったのと、参考になるページのあるSquidにした次第です。

以下、手順です。って、上記ページの内容のままですけどね。
いちよう私のSquidの設定も吊るしておきます。

1. Homebrewの導入

Squidをbrewを使ってインストールするので、まずはHomebrewを導入します。
ちなみにココでもProxyを経由する必要があるので、Proxyの設定をしてからインストールを実行します。

認証付きProxy環境下でHomebrewのインストール
Proxyのポートはココでは「8080」としていますが、適宜変更してください。

$ export http_proxy=http://<認証ユーザ>:<認証パスワード>@<会社のProxyのアドレス>:8080
$ export https_proxy=$http_proxy
$ export ALL_PROXY=$http_proxy

してから

$ ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)”

する。

2. Squidの導入

2.1 Squidのインストール

brewでSquidをインストールします。下記のコマンドだけでOKです。こんなに簡単にできちゃうのね。

$ brew install sqid

2.2 squid.confの編集

Squidのインストールが完了したら、会社のProxyを経由して接続するための設定を行うために、「/usr/local/etc/squid.conf」を編集します。
squid.confの「INSERT YOUR …」の下に下記の記述を追記しただけです。ココでもProxyのポートは「8080」としていますが、適宜変更してください。
squid.confの全体は「A. squid.conf」に吊るしているので、そちらを見てください。

#
# INSERT YOUR OWN RULE(S) HERE TO ALLOW ACCESS FROM YOUR CLIENTS
#

visible_hostname unknown
hosts_file /etc/hosts
cache_peer <会社のProxyのアドレス> parent 8080 7 no-query login=<認証ユーザID>:<認証パスワード>
cache_peer_access <会社のProxyのアドレス> deny localnet
never_direct allow !localnet

3. Squidの起動

Squidの起動するには、下記のコマンドを実行すればOKです。

$ /usr/local/sbin/squid

3.1 Squidの自動起動設定

OS起動時に自動的に起動させたいので、ユーザのログイン項目に上記のコマンドを追加します。
なお、ファイルを選択する際に「/usr」フォルダが表示されないのですが、「ctrl + shift + G」で移動することができます。

4. ネットワークの設定

最後にローカルのProxyであるSquidを経由してインターネットに接続するための設定として、ネットワークのプロキシの設定を「localhost:3128」に設定します。ポートはsquid.confのデフォルト設定のままなので「3128」となっています。

A. squid.conf

#
# Recommended minimum configuration:
#

# Example rule allowing access from your local networks.
# Adapt to list your (internal) IP networks from where browsing
# should be allowed
acl localnet src 10.0.0.0/8 # RFC1918 possible internal network
acl localnet src 172.16.0.0/12  # RFC1918 possible internal network
acl localnet src 192.168.0.0/16 # RFC1918 possible internal network
acl localnet src fc00::/7       # RFC 4193 local private network range
acl localnet src fe80::/10      # RFC 4291 link-local (directly plugged) machines

acl SSL_ports port 443
acl Safe_ports port 80      # http
acl Safe_ports port 21      # ftp
acl Safe_ports port 443     # https
acl Safe_ports port 70      # gopher
acl Safe_ports port 210     # wais
acl Safe_ports port 1025-65535  # unregistered ports
acl Safe_ports port 280     # http-mgmt
acl Safe_ports port 488     # gss-http
acl Safe_ports port 591     # filemaker
acl Safe_ports port 777     # multiling http
acl CONNECT method CONNECT

#
# Recommended minimum Access Permission configuration:
#
# Deny requests to certain unsafe ports
http_access deny !Safe_ports

# Deny CONNECT to other than secure SSL ports
http_access deny CONNECT !SSL_ports

# Only allow cachemgr access from localhost
http_access allow localhost manager
http_access deny manager

# We strongly recommend the following be uncommented to protect innocent
# web applications running on the proxy server who think the only
# one who can access services on "localhost" is a local user
#http_access deny to_localhost

#
# INSERT YOUR OWN RULE(S) HERE TO ALLOW ACCESS FROM YOUR CLIENTS
#

visible_hostname unknown
hosts_file /etc/hosts
cache_peer <会社のProxyのアドレス> parent 8080 7 no-query login=<認証ユーザID>:<認証パスワード>
cache_peer_access <会社のProxyのアドレス> deny localnet
never_direct allow !localnet

# Example rule allowing access from your local networks.
# Adapt localnet in the ACL section to list your (internal) IP networks
# from where browsing should be allowed
http_access allow localnet
http_access allow localhost

# And finally deny all other access to this proxy
http_access deny all

# Squid normally listens to port 3128
http_port 3128

# Uncomment and adjust the following to add a disk cache directory.
#cache_dir ufs /usr/local/var/cache/squid 100 16 256

# Leave coredumps in the first cache dir
coredump_dir /usr/local/var/cache/squid

#
# Add any of your own refresh_pattern entries above these.
#
refresh_pattern ^ftp:       1440    20% 10080
refresh_pattern ^gopher:    1440    0%  1440
refresh_pattern -i (/cgi-bin/|\?) 0 0%  0
refresh_pattern .       0   20% 4320
Mac OSXでSquidを導入して認証付Proxyを突破させる

コメントを残す