Hey!! bluesman

漫画ネタです。ネタ元は毎度毎度のモーニングです。「【新釈】 うあぁ 哲学事典」に変な飛ばされかたをしたりするのですが、それは今日は(つ´∀`)つ置いといて。実在するバンドをモデルにしたbluesを題材にした漫画、「Hey!! ブルースマン」を取り上げたいと思います。音楽ものの漫画でもbluesを題材にしているということもあり、熱い漫画です。今週号ではかなり共感できるものがあったので、無断転載でお送りしますヽ(;´Д`)ノ

とあるレコード会社の上司と部下、そしてバンドにまつわる話。音楽を商品としか考えていない上司にたてつく部下は言った。

なぜCDは売れなくなったんでしょう!?
なぜ携帯に若者の金が流れ 音楽はレンタルやコピーですまされるようになったんでしょう!?

音楽の質を落としすぎたからですよ
我々は大量消費にばかり目を向けて 質のことを考えなくなってしまっています

そう仕向けたのは我々です

お客さんが共感できるもの ずっと手元に置いて何度でも聴きたくなるもの
我々が若い頃聴いた音楽はそうだったじゃないですか!!

漫画の中では上記の発言に対してではないけども、相対する上司のいいぶんは以下

俺たちは金に縛られ 世間に縛られ 移り変わる客の好みに縛られるんだ!!
客の欲望が変われば 音楽もそれにつれて変わる
時には俺たちがそれをコントロールする!!

音楽そのものに実体などないんだ!!
すべてはゲームなんだよ 人間の欲望をめぐるゲームなんだ!!

どっちが正しいか?ま、そんなことはどうでもいいんだけど。。どっちも正しいと思います。結局は自分の正しいと思うことを信じれるかどうか?ということ。そんなことわかってるよっと思うかもしれませんが、何だか勇気づけられた感じです(´▽`*)

ちょっと話がそれますが、bluesと言えば!?ワシの親父がbluesファンだったりします。昔は自分の職場でbluesのレコードを聴きながら仕事をしましたねぇ。といっても、ワシはかなり小さい頃だったからほとんど記憶にはないのですが・・・(´ヘ`;)
今でもElvis Presley、Cream、The Rolling Stones、Led Zeppelin、その他もろもろ(ごめんなさい、どんなものがあるか実際よくしらんです。つーか、bluesってよりはRockじゃねーの?とかいう突っ込みは無しで)、当時のレコードが実家に大量に眠っています。まさに宝の山!?最近はもっぱらEric Claptonとかをよく聴いているようです。

そんなRock(bluesとRockを混同してお叱りをうけるかもしれませんが、ここではあえてRock)な親父が口癖のように言っていたこと
「Beatles?あんなのRockじゃなくてPopsだろ」

そんな洗脳をうけたワシは、Beatlesを好きになれないし、Popsとかいうものに対して偏見を持っていたりする。

とりあえず、実家に帰ったら眠っているレコードを物色したいと思いますヽ(´ー`)ノ

Hey!! bluesman

コメントを残す