GoaTrance102

何となくシンセいじってたら出来た曲。
GoaTranceと名前ついてるけど、ジャンルは不明。
個人的にはこういうハマっちゃう感じは好きですが、さっきMacBook Proのスピーカーで聴いたら、ヘボすぎてワロタw

今回意識したのは、展開少なめでしつこい感じと苦手なリズムを自分なりに改善を試みた点。
しつこい感じは、カミさんにアドバイスしてもらい自分が踊っているときをイメージして、展開が少なくて長く踊ってる感じを意識してみたつもりです。ま、この曲が踊れるか?と言われるとアレですが。


リズムでグルーヴ感を出して踊らせる感じ、憧れます。ちょっと前のDazeMazeのK.U.R.O.さんのDJ(2018-12-2 DAZE MAZE KURO DJ SET by KURO | Mixcloud)は、まさに低音とリズムでグイグイ踊らせる感じでマジでカッコよかった(MixCloudで聴いたら、箱の音響が悪すぎてMidが全然聴こえてなかったんだなっとも思ったけどw)。後は、リズムで展開をつける感じですかね。そういうの、苦手なんでずっと避けてましたけど、ようやくどうにかしようとし始めました。いやー、難しいですね。
キックもBitwig標準のでゼロから作ってみましたが!MacBook Proのスピーカーで聴いたらペコペコ鳴っててダメっすねw まだまだ、改善の余地がありますな。

使ってる機材等は以下のとおり

Moog Mother-32

冒頭の音はこれです。こういう感じに鳴らすと気持ちいい。
主にいじっているツマミは、CUTOFFとDECAYですね。

GoaTrance10 Mother 32 Lead01

MiniBrute

がんばってACIDな感じに鳴らしてみた。
以下のパッチがベースで、ここからMetalizer効かせた三角波を入れて、ModulationのWheelでLFOをかけ、後はCutoffとResonanceでグリグリって感じです。

GoaTrance10 MiniBrute Lead01

写真は真上から撮れよって感じですよね。写真から↓も起こしてみたけど、MiniBruteの設定は結構シビアなので、EGのフェーダーがほんのちょっとで音が変わるのでご参考まで。
あ!フィルターのModeは「HP」でした。

GoaTrance10 MiniBrute Lead01

YouTubeにもアップしました!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください