Firefox3のパフォーマンス劣化?

自宅のPCはそれなりの性能があるのでそれほど気にならないが、会社で使っているヘッポコノートPCだとFirefoxの動作が非常にモッサリするのが気になった。また、コードネーム「SHIRETOKO」のFirefox 3.1 β2を試しにインストールした際に、異常に速かったのもありアドオンが問題だろうというは当たりはついていた。

そこで、必要のアドオンを見直すことにした。
参考にしたサイトは以下のサイトです。

無効化したアドオン

削除したアドオン

とりあえず、Stylishを無効化したらかなりモッサリ感がなくなった。Firebugもワシの貧弱なマシンではほとんど動かすこともないので外した。他にもIETabが効果ありそうなのだけども、IEを別で起動するとなるとそれはそれでメモリを喰うので残した。

起動も多少速くなったかな?起動については[オプション]-[詳細]-[更新]で自動的に確認するのチェックを外しても、多少は変わったきがする。終了するときのスピードも劇的に速くなった!とはいえ、面倒なので実測値はないです (゚Д゚;)

まぁ、機能をどんどん追加すれば性能が劣化するのは、すごく当たり前のことなんですけどね。。。セキュリティしかり。

話が飛ぶが、ページによって急激にメモリ使用量が増えるページがある。特に、Salesforceのページ(かなり作りこんでいるから?)はやたらとメモリを喰う。。。何故に???
そもそも、メモリ管理ってどうやってるんだ?という疑問がフツフツと ←メモリ管理なんて知らないくせに (゚Д゚;;)
それっぽいページ↓を見つけたのでとりあえず読んでみる・・・

要はページを表示する際に必要な画像やファイルをキャッシュとして保持するようになっているようだ。

■2009/03/04 追記
「about:config」でフィルタのフィールドにipv6と入力すると「network.dns.disableIPv6」という項目が残るので、其処をダブルクリック又はコンテクストメニューから「切り替え」で値がTrueにするといいらしい。

Firefox3のパフォーマンス劣化?

コメントを残す