Data Execution Prevention

Windows XPのVisual Styleを変更する際に、エラーが出たり果てはいきなりフリーズなんてことにも起こっていて、何でだ?と思っていたんだけど、原因はWindows XP SP2を適用したところにあるみたい。その原因(悪いことではないんですが・・・)は、SPに搭載されたデータ実行防止機能ってやつです。
Windowsのシェルを入れ替えて動作させるものなので、その辺のメモリをいじるときにこいつに止められていたのか?と思ったわけなんですが、それだとフリーズはしないよなぁ・・・とも思った。でも、こいつを完全に無効にしたところ問題なく動いてはいる。うーん、セキュリティって何なんだ?これじゃぁ、パーソナル コンピュータで無くなる日も近いかもしれないなぁ~っと思ったり。

Data Execution Prevention

コメントを残す