Goa Trance 052

ようやく自分が納得できるGoa Tranceの曲が出来ました。
以前から曲を作れる環境はありましたが、トラックを作り始めるまでは適当に音だして「キャッキャッ」言ってただけだったのでw そんな状況を乗り越えたくて去年(2016年)の11月からトラックを作り始めて、ようやくです。

続きを読む “Goa Trance 052”

Goa Trance 052

Arturia MiniBruteだけで曲を作ってみた

ライブ用途に同時に音を出そうとするとシンセの数が足りないので、「アナログシンセで次の1台に何を買うかを考える」なんてので現在進行形で何を買おうか迷っているのですが!そもそも、シンセでの音作りが絶望的に苦手というねw ま、苦手っていうか、努力もしてないから当然でしょって話なわけです。でね、そんな自分をどうにか変えたくて、試行錯誤している中で目的がないといけないと思ったわけです。それで、ふと思ったのが「今持ってるArturia MiniBruteでどこまでできるのか?だったら、これだけで曲作ってみるか」でした。

前置きが長くなってしまいましたが。。
昨日から始めて、2日かけて作ってみました。

尚、大まかに以下のようなノリで作ってます。

  • 音源は全てArturia MiniBruteで作成
  • DAWにはBitwig Studioを使用
  • 各種エフェクター、コンプ、EQ、Mastering等などには、プラグインを使用
    • なので、音を録った後はそれなりに加工はしてます。はい。

SoundCloud上の画像はワシのMiniBruteですが、Decayのフェーダーのパーツがなくなってますw ま、そんなことはどうでもよくて。なんでしょう。やってみれば、案外できるもんだなっと。出来はぶっちゃけヘボいと思ってます。けども、出来上がりよりも、プロセスを大事にしたいと思っているので、やってよかったと思います。まぁ、出来上がりがイイに越したことはないけども、それは曲を作って作って作りまくった先の話でしょう。

さて、誰かの役に立つかはわかりませんが、作った曲の各Trackの音のMiniBruteの設定を画像付きで以下にまとめておきます。

続きを読む “Arturia MiniBruteだけで曲を作ってみた”

Arturia MiniBruteだけで曲を作ってみた

アナログシンセで次の1台に何を買うかを考える

ちょっと前だと、シンセなんてソフトシンセのほうが便利だし、十分じゃね?って思ってたんですよ。でもね、Minibruteと久々に向き合ってみた結果、アナログシンセの音がドラスティックに変わる感じが気持ち良すぎて、ライブ用途にもう1台ほど追加したいなぁっという気持ちがフツフツと沸いてきましてw

ってことで、オーディオI/Fに続いて、アナログシンセで次の1台に何を買うかを考えるシリーズです。予算は「10万以下」、ちょい超えるぐらいなら頑張る?といったところです。予算が貯まるまで数カ月はかかる見込みですので、暫くはこの悩みで楽しめそうですw

この投稿は随時更新してます

それでは、ワシの独り言でよければどうぞご参照くださいまし。

続きを読む “アナログシンセで次の1台に何を買うかを考える”

アナログシンセで次の1台に何を買うかを考える

Ambient094

今回はリズム無しのAmbientです。今回のジャケも娘の絵です♪
こういう感じって、展開をどうやってつければいいのか?悩んでいて、答えはまだ出てません。
なので、正直退屈な感じが自分でもしてますw
が、是非聴いてもらえるとありがたいです!

Ambient094

Mobile DJ System With TRAKTOR Z1

最近だとGO-DJなんかも出てきて、お外でDJするのはより簡単にできるようにはなってきています。自分も5年ほど前から(野外でお気楽バッテリ駆動Mobile PCDJ with TRAKTOR S4@お花見 | SWK623)、お花見でDJするためのモバイルDJシステムの構築を少しずつバージョンアップを重ねてきました。

今回、とある理由でTRAKTOR KONTROL Z1を導入したことで、モバイルDJシステムもようやく完成したかな?って思ったので、ここのまとめておこうと思います。 続きを読む “Mobile DJ System With TRAKTOR Z1”

Mobile DJ System With TRAKTOR Z1

Ambient087

今回も緩い4つ打ちです。
ただ、自分が好きなように創ってみたら、こうなりました。
ジャケの絵は娘の描いたものをパクリましたw
よかったら、聴いてみてやってください。

DAWは正式リリースされたBitwig Studio 2で、シンセは相変わらずMassiveしか使ってません。DrumはMaschineのほぼPresetでAudioにバウンスして使ってます。
プラグインには、EQはだいたいFabFilter Pro-Q2、コンプはAttackを潰すのにWavesのRenaissance Compressorを。UAD-2ではRealVerb-ProをSendで使ってるのと、MasterにNeve 1073とOxide Tapeをぶっこんでるぐらいですかね。

後は、MasteringでiZotope Ozone7のMaximizerで、ザックリ底上げという適当っぷり。

Ambient087

Chillout074

今回はなんとなく気分で4つ打ちです。えぇ、ついねw
DAWはいつもどおりBitwigですが、Version2.0 Beta3を早速使ってみてます。
ま、あいも変わらずBitwigじゃないといけないか?ってところはありますけど。

シンセは今回もMassiveのみです。ただただPresetsから選んでるだけです。
DrumsはMaschineの標準の音源を使ってます。
今までまともにMaschine使ってなかったんですが、、便利ですねw

後は、BitwigからExportした後にiZotope Ozone 7(Trial版ですけど)でマスタリングしてみてます。つっても、Presetsで音圧を稼ぐのに使ったぐらいですけどね。
個人的にエンジニアよりな気はしてて、このあたりはもっと突き詰めていきたいと思いました。

あ、そうそう。このジャケの画像は、娘の絵の教室に参加させてもらったときに自分が描いた絵を加工したものです。次回の曲のジャケには娘の絵を拝借しようと目論んでますw

あれこれ書きましたが、聴いてもらえると嬉しいです。よろしくですお願いします♪

Chillout074