【解決済み】私の環境でソフトバンク光の通信速度が遅かった理由

結論

光BBユニットを使っていなかったからです。

経緯

かれこれ1年以上前ですが、、フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えました。
で、引っ越したタイミングで回線が遅いと感じるようになりました。
そのときには、Wifiのルーターに問題があるのか?と思って、無線LANルーターを買い替えました「TP-Link Archer C9」でWifiルーターを変更しました。このときにはスピードは確かに出てたのは覚えています。ですが、しばらくしてまた遅くなり。最近では20時以降はADSLの頃より遅くないか?ってぐらい遅かったです。

でね。ソフトバンク光に変更したときに「光BBユニット」ってのが届いたんですよ。ぶっちゃけこの「光BBユニット」に対しては、出来の悪いWifiルーターぐらいにしか思ってなく(失礼しました!)。実際11acにも対応してないし。なんで、今までずっと使ってなかったんですね。

そんなこんなで「ソフトバンクだから、諦めるしかないか」と失礼なことを思ってました。はい。なので、遅い原因をそれ以上調べることをしてなかったんですね。

そんな矢先、たまたま下記の記事が目に飛び込んできたわけです。

おいおい。これが原因なんじゃないか?と思って、慌てて調べ始めたわけです。

原因

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4 | インターネット | ソフトバンクによって、回線混雑が発生している場合に最適なルートをバイパスして接続してくれるって代物です。
で、この機能を利用するには「光BBユニット」を使わないといけないというオチ。

詳しくは、「【実践編】ソフトバンク光が遅いときは「IPv6高速ハイブリッド」で混雑を解消する|IPv6 IPoE+IPv4接続方式 - 踊るびあほりっく」を見てみてくださいませ。

対策

で、早速自分の環境を見直しました。
Wifiルーターの機能に関しては、使っているTP-LinkのArcher C9のほうが上なので、Wifiのルーターとしては引き続きコイツを使うのが前提です。
対策したのは以下の内容です。

  1. ONU→TP-Link Archer C9に接続していたのをONU→光BBユニット→TP-Link Archer C9に変更
  2. 光BBユニットのIPv6の設定を有効

対策 1.

光ケーブルを引き込んだ線がつながっているONUから光BBユニットの「インターネット回線」に接続します。

光BBユニット

で、光BBユニットの「パソコン1」からTP-Link Archer C9の「Ethernet 1」に接続します。
(「Internet」ではなく「Ethernet 1〜4」のどれかの口に接続してください)

TP Link

んで、この接続経路にした場合、TP-Link Archer C9はアクセスポイントモード(ブリッジモード)で設定しておく必要があります。私の場合は前回の「無線LANルーターを買い替えました「TP-Link Archer C9」」で、ブリッジモードに設定していたため、そのままでOKでした。

最新のTP-Link Archer C9のファームでは簡単にアクセスポイントモード(ブリッジモード)に変更できるみたいなので、詳細の手順は下記のリンク先でご確認くださいませ。

対策 2.

対策1.だけでOKか?と思ったら、まだダメでした。
私の環境では、光BBユニットでIPv6の設定を有効にしてあげる必要がありました。
ちなみに設定画面で「有効」にデフォルトでなっていたのですが、設定保存で「OK」としてあげないと変わらなかったです。
なので、対策1.後でもスピードが出ない場合には、この対策2.を実施してみてください。

実際にIPv6の設定を有効にする方法は、

まとめ

私の契約はファミリー・ハイスピードなので、下りが最大で200Mbpsのスピードがでるものです。
見直し後は「インターネット回線の速度テスト | Fast.com」で速度を測ってみると、23時ごろで見直し前は30Mbpsぐらい(遅いときは、1桁とかありました)だったのが180Mbpsぐらいは出るようになりました。Facebookとか明らかに表示が早い!w

今まで「ソフトバンク光は遅い」とよくTwitterで呟いていた気がしますが、この場でお詫び申し上げます。ごめんなさい。

なので、ソフトバンク光で回線スピードが出ない場合には、設定周りを見直すことをオススメします。が、これそれなりに知識ないと厳しくないか?とは個人的には思いました。

[Salesforce.com] 画面を開発する際の性能について その1

SFDCのForce.comというプラットフォームで物を作るのは、何かよくわかんねーけど「面白くない」。
今まで普通に出来ていたことができなくなるからかもしれない。
でも、クラウド上で物を作る場合には、こういったことは普通になるのかもしれません。

まず、画面を作る際には下記の2つの選択肢がある。

  • SControl・・・HTMLとJavaScriptでゴリゴリ作る感じ。
  • VisualForce・・・ASP.NETモドキ

まぁ、どっちでも作れますが、現状ならVisualFroceをお勧めする。

何故か?

SControlもVisualForceもSFDC上のServletを介してページが生成されている。ま、どっちも呼び出されるたびに生成処理が走るので速くはないのは同じだが、SControlだと共通の処理記述したJavaScriptを外だしすることが出来ない(静的リソースを使うことができない)分、コード量が多くなってしまう。そのため、サーバサイドでのページの生成処理に負荷がかかる分、VisualForceに比べてもどうしても遅くなってしまうからです。

しかし、VisualForceもまだまだ出来たてホヤホヤなんで、、、。例えば、Winter ’09がリリースされて、VisualForceのページはデフォルトだと標準画面とは別のドメインで動くようになった。おかげで、標準の画面との間でクロスドメインの制限を気にする必要が出るようになった。
セキュリティ上の問題(セッションハイジャックとか)があってこうなっているらしいのですが、SSLで通信してても問題になるのかどうか?私がバカなんで理解できていません。誰か教えてください。

また、VisualForceやSControlで作成した画面を標準画面レイアウトに埋め込むことができるが、出来る限り最小限に抑えたほうがいい。これらの画面を埋め込むと、実際には標準画面に「IFRAME」で呼び出されるようになる。当然ながら、埋め込んだ数が増えれば増えるほど、どんどん遅くなる。しかも、CPUの処理に依存して性能差が出てくる。

なので、標準画面はカスタマイズで出来る範囲でおさめて、どうしても画面を作る必要がある場合は、その画面をポップアップのようなかたちで別画面として単体で表示するような仕様に落とし込むことを考えたほうがいい。

あくまでこれは現状での話しであって、今後改善されるかもしれないです。

つーかさぁ、これから先クラウド上での開発が主流になるのかねぇ。。。

[Salesforce.com] Force.com 移行ツールを使った展開について

最近の仕事ではsalesforce.com上での開発をずっとやっている。色々と痛い目を見てノウハウもたまってきたのもあるし、ネット上であまりに情報がないってのもあり、そろそろココにも残しておこうかなと。

salesforce.com(以下、SFDC)は、言わずと知れたSaaSの代名詞のような会社です。これから更にSaaSのようなクラウド化が進み標準となってしまうのか?そして、それでいいのか?は、まだよくわからんです。

で、一発目は。ちょっと頼まれてまとめたので、ついでということで。開発したモジュールをSFDCに展開する方法についてです。
尚、本番環境(SandboxやDeveloper環境ではない)に展開する場合は、テストコードの用意をお忘れなく。

“[Salesforce.com] Force.com 移行ツールを使った展開について” の続きを読む

Google Chrome

噂で囁かれていたGoogleのブラウザが満を持して登場した。その名も「Google Chrome」。Firefoxが台頭してきたあたりから、第2次ブラウザ戦争と思しき様相を呈していたが、ついに役者が出そろったというところだろうか。
現状のWebではAjaxなどのJavaScriptを多用したページが多く、IEではハッキリ言ってお話にならないので、こういったブラウザは大歓迎である。

とりあえず、使おうとして困ったのが。インストーラーが会社のProxyを超えることができないという罠(;´Д`)他にも、GoogleのGearのインストーラーも超えることができない。正直、そろそろ何とかしてもらいたいもんだ。

ちょっとした裏ルートで会社のPCにもインストールしたが、何故かマウスのホイールで上に進まないとか、Google Readerでエラーでまくりとか、タブ開くたんびにプロセスをあげてくれるからワシの貧弱なマシンでは厳しいとか、現在開発しているとあるSaaSアプリがまともに表示できないとか、会社ではハッキリ言って使い物にならんかった。
家に帰ってきて早速インストールしたら、まぁ普通に使える。が、FirefoxでAdblockを入れて広告を表示してないせいか、普段見るページのあまりの広告の多さに閉口した。。。もう3年ちかく見ていないテレビも広告の塊だが、Webも右に倣えなんだなぁっと思ったり。(Googleなだけに広告を表示しないようにはできねーだろーなー・・・w)

とまぁ、あまり前向きなことを書いてませんが、ページの描画スピードはFirefox3と比べてかなり速いのは確か。普通にブラウズする分にはもってこいやもしれん。個人的に気になったのは、Firebugを意識した機能が標準で実装されているところ。こいつがデバッガとして使えるようになれば、かなり強力になるかも。

個人的にGoogleのアプリでもっとも気に入っているのはPicasaなんだけど、気がついたらバージョンアップしていた!!

“Google Chrome” の続きを読む

Twitter 日本語版

Twitterの日本語版が公開されたようです。

個人的にこの辺のブームに乗り遅れており、最近になってようやく登録してはみたものの
一人でつぶやいたところで意味ないし・・・(汗)
誰か、利用している人いたら友達になってくださーい。

「swk623」で登録してますです。

あと、FirefoxのTwitter用のアドオンとしては下記のものがあります。

MicrosoftとYahoo!と・・・

ここ数日、IT界隈においてMicrosftがYahoo!に対して買収提案を行ったというニュースでもちきりである。その額は446億ドルという、もうよくわかんない数字。記事としては色々ありすぎるので、その中から以下のリンクを適当にピックアップしてみた。

しかし、MicrosoftがYahoo!をというのがワシにとっては衝撃だった。「まさかそんな時代がくるだろうとは・・・」という感じ。ここに至る経緯を知れば、まぁ納得はいくとはいっても、である。他の業界についてはよく知らないが、ワシの感覚ではトヨタが日産を買収するようなイメージと言えば伝わるだろうか。

今から10年以上前、検索エンジンと言えば「Yahoo!」だった頃が懐かしい(笑)

ほんとにこの業界の進化のスピードの速さには驚かされる。2年ほど別次元の仕事をしていたせいか、気がつけば周りの状況は想像以上に変わっている。最近のトレンドとしてはGoogle、Facebook、Salesforce.comなどに共通するプラットフォームをサービスとしてインターネットを介して提供するというものだという認識でいる。下記の記事でもそんなようなことが言われている(今更、なのかもしれないが)。

そういう意味だと、MicrosoftもYahoo!もこの波には乗り遅れている。ワシの会社は当然ながらそんな波があることすら知らないでいる人が大勢だ。この先どうなるかわかるわけもないのだが、とりあえずワシは波にのってみることにするよ。