GoaTrance095

2017/11/04のはらっぱ祭りのときに自宅でライブをやった勢いで作った曲を何となく整えて仕上げた「GoaTrance095」をアップしました。良かったら聴いてみてやってくださいませ。

TB-3を自分のイメージするリフっぽい感じで鳴らせたのが、今回の1番の収穫です。鳴らす際には今回もBlueARPのお世話になっています。

今回使った機材等は以下のとおり

Delayとかのエフェクト周りは、今回はBitwigの標準のしか使ってなかった。
また、最初BassはMother-32で作っていたのですが、どうにも埋もれてしまうため、今回はTB-3で鳴らしてます。その他の各種シンセの設定周りを以下に吊るしておきます。

Moog Mother-32 Lead

導入部分で入れてる音はこの設定でならしてます。

GoaTrance09 Mother 32 Lead1

MiniBrute Lead

3分50秒ぐらいで入ってくる音が↓コレです。途中から、Sub Oscのフェーダーを半分ぐらいまでアゲてます。こういう音はMiniBruteだと鳴らしやすい。

GoaTrance09 MiniBrute Lead

GoaTrance095

モジュラーシンセの導入について考える

本記事は随時更新中です

PCのオーディオインターフェースのアップグレードを考えるアナログシンセで次の1台に何を買うかを考えるに引き続き、新たな「考えるシリーズ」です。前回のアナログシンセで次の1台にはMoog Mother-32を購入したのですが、1つの判断基準にモジュラーシンセにつなげるためというのも理由としてありました。

身近でモジュラーシンセを体感したのは、たまたまDJで誘ってもらったパーティで聴くことができたHATAKENさんのLIVEでした。それまで、ワシにとってモジュラーシンセってよくわからない小難しい音がなってる(失礼な言い方ですが…)というイメージだったのですが、HATAKENさんのLIVEは「何、このケーブルでグチャグチャのやつで、ちゃんとした曲になるの?(これまた失礼な言い方ですがw)」で、すげーカルチャーショックだったんです。それからですかね、モジュラーシンセ自体がシーンとして流行ってきていると知ったのは。そうなると、基本ミーハーなワシとしては、つい飛びつきたくなってしまうわけですw

モジュラーシンセ。これまたお金がかかる話なのでw 随分と長く悩むことを楽しめそうです。物を買うまでに悩む間のほうが、楽しいと思うのはワシだけでしょうか?まぁ、時間を浪費するぶん、随分と贅沢な楽しみ方だとは思いますけどね。

それでは、ワシの考える構想というか妄想にお付き合い頂ける方がいましたら、見てやってくださいまし。

今現在入れたいと思っているモジュールをModularGridで構成した画像です。

2017/11/20

ちょいちょいモジュール追加していますが、104HPの2段でも直ぐに埋まっちゃいそうw

Modulargrid 542380

続きを読む “モジュラーシンセの導入について考える”

モジュラーシンセの導入について考える