Topre REALFORCE 103UB

前からどうしても欲しくて、ついにゲット。
えぇ、キーボードですわ。

Realforce103UB

仕事柄、もっとも使用する道具は、電話、マウス、そしてキーボード。
会社ではデスクトップPCではなく、最近ではノートPCしか支給されない。
個人的(コダワリが強いのでw)にノートPCのキーボードはLenovo以外は
使いたくないので、今でも外付けのキーボードをつないで使っている。

ここ暫くの間、109配列のキーボードを使っていたけど、やはり101配列
じゃないとしっくりこない。最近、家のMicrosoftのNatural Keyboardを
持っていったけど、流石に長年(10年近い?)の使用により変色しており
見た目が・・・(´ヘ`;)

そこで、ずーっと使いたかった東プレのREALFORCEを奮発。
毎日、何年も使うものだから、まぁ投資ですね。
配列は101なのは確定していたけど、やはりWindowsキーがないのは困る。
また、何かとテンキーは使うし、何よりも色は黒以外は考えられなかったので
Realforce103U(黒)
」に決定!
コメントは109配列の「東プレ REALFORCE91UBK
」のほうが参考になるかと。

キータッチは軽いというか、吸い込まれるという表現が近い。
キーに指を乗せると、そのまま「ストンっ」といく感じ。
キータッチは恐ろしく軽いのだけど、クリック感は絶妙。
なので、触れただけで打刻されてしまうため、打ち間違いもすべて入力されてしまうw

とりあえず、101のキーボードで必須の設定は以下のレジストリの設定。
この設定をすることで日本語の入力のON/OFFが右のAltキーで行えるようになる。

Topre REALFORCE 103UB