Force.com Sites?

仕事なんでそれなりに世の中の動向はWatchしないといかんわけでして、今はたまたまSFDCの案件をやっているので、SFDCが何をやっているかは気にしてみたり。

とかいいつつ、Google ReaderにRSSを登録してるけどまったく見てなかったので、ふと見てみた。そこには見慣れない新しいサービス「Force.com Sites」などという名前が。つっても・・・発表があったのは11月上旬 (゚Д゚;)

とりあえず、Previewとして利用できるようです。

ココで登録すると、Developer環境の[設定]-[アプリケーションの設定]-[開発]に「サイト」が追加されます。サイトの設定で「有効なサイトのホームページ」で素のVisualForceのページを指定して、作成したページを表示すると。「ホーム」タブで素のVisualForceのページが表示される。作ったものは、下記のサイトです。

えぇ、時間がないので何も作ってないですよ。。
尚、IE6だとJavaScriptのエラーが出まくった・・・ま、Previewってことで見なかったことにしよう。。。

要はAmazon Web Servicesと同じようにプラットフォームを提供しようとする(PaaS)取り組みの一環なのでしょうけど。Amazonと違い、Force.comというプラットフォームは自由度はほとんど無い。JavaもどきのApexコードやどうやって動いているのかよーわからんVisualForceという独自の言語なので、既存の開発者が取っつき難いつーか、触ろうとも思わんだろう(開発なんかやったことない人は、幸せになれるかもしれない)。また、マルチテナントなんで制約もてんこ盛り!なので、流行るかどうかは微妙。。。正直、このプラットフォームの上で物を作ってて、面白いと感じたことは残念ながら今のところ無い。

とはいっても、開発経験のない人でもカスタマイズできるようにというユーザ主体の試みは賞賛すべきだと思う。それに、今まで普通だったこともいつ普通じゃなくなるかわかったもんじゃないので、何ともいえないですから。

Force.com Sites?

Firefox3のパフォーマンス劣化?

自宅のPCはそれなりの性能があるのでそれほど気にならないが、会社で使っているヘッポコノートPCだとFirefoxの動作が非常にモッサリするのが気になった。また、コードネーム「SHIRETOKO」のFirefox 3.1 β2を試しにインストールした際に、異常に速かったのもありアドオンが問題だろうというは当たりはついていた。

そこで、必要のアドオンを見直すことにした。
参考にしたサイトは以下のサイトです。

無効化したアドオン

削除したアドオン

とりあえず、Stylishを無効化したらかなりモッサリ感がなくなった。Firebugもワシの貧弱なマシンではほとんど動かすこともないので外した。他にもIETabが効果ありそうなのだけども、IEを別で起動するとなるとそれはそれでメモリを喰うので残した。

起動も多少速くなったかな?起動については[オプション]-[詳細]-[更新]で自動的に確認するのチェックを外しても、多少は変わったきがする。終了するときのスピードも劇的に速くなった!とはいえ、面倒なので実測値はないです (゚Д゚;)

まぁ、機能をどんどん追加すれば性能が劣化するのは、すごく当たり前のことなんですけどね。。。セキュリティしかり。

話が飛ぶが、ページによって急激にメモリ使用量が増えるページがある。特に、Salesforceのページ(かなり作りこんでいるから?)はやたらとメモリを喰う。。。何故に???
そもそも、メモリ管理ってどうやってるんだ?という疑問がフツフツと ←メモリ管理なんて知らないくせに (゚Д゚;;)
それっぽいページ↓を見つけたのでとりあえず読んでみる・・・

要はページを表示する際に必要な画像やファイルをキャッシュとして保持するようになっているようだ。

■2009/03/04 追記
「about:config」でフィルタのフィールドにipv6と入力すると「network.dns.disableIPv6」という項目が残るので、其処をダブルクリック又はコンテクストメニューから「切り替え」で値がTrueにするといいらしい。

Firefox3のパフォーマンス劣化?

3歳

土曜日でノンも3歳になりましたヽ(´ー`)ノ
ってことで、2歳の写真を160枚ほど見繕ってコラージュ♪

2歳の思い出

写真を選んでいると「あ~こんなことあったなぁ」っと何とも感慨深いものがありますね。

今回はPicasa 3を導入して、新しいコラージュの機能で作ってみました。

3歳

ToDo管理

永遠の課題だと思う。日々、やらなければいけないことは山積み。あまりに色んなことが起こるもんだから、どんどん忘れてしまうものだ(ワシだけ?・・・じゃないよね??)。だいたい、ToDoのリストには消化できる以上の量が日々登録され、雪だるま式に作業が増えていく。まずは「如何にしてやらなければいけないことを忘れずに管理したらいいのだろう?」ということに焦点を置いて話を進めたいと思います。

正直なところ、人によってやり方は様々だろうし、お勧めのやり方があれば教えて欲しいものです (゚Д゚;)
(ちなみにGTDなどは勉強したことありません・・・)

個人的にRemember The MilkやGMailでのTask管理には興味があるのだが、そもそも会社では使うことができない。まぁ、情報として外に漏れたらまずことだってあるだろうから、当然の措置といえばそうだと思う。

とりあえず、現時点ワシが落ち着いているやり方についてまとめてみようと思う。あくまでワシ個人のやり方であって、いいかどうかはわからない。

[ツール]
ツールとしては以前から愛用している。以下のものを使用(ぶっちゃけ何でもいいと思う)。

このツールは紙copiというツールの海外展開を始めるという名目でアルファ版が公開されてから、かれこれ一年以上が経過しているものだ。アルファ版といえど、フリーで普通に使えるので愛用させてもらっている。
個人的にこれ以上に簡単にテキスト情報を管理できるツールはないと思ってる。

[使い方]
まずこのKamicopiで管理するための「ToDo」という名前の箱を作ります。

[箱の作り方」

  1. メニューの[箱(T)]-[新しい箱を作る]で表示されるダイアログのテキストボックスに「ToDo」と入力し、「作る!」ボタンを押下します。
  2. 作成した箱を右クリックし、「予定表として使う」をクリックしチェックを入れます。

以上で準備は完了です。

[ToDoの入力]
箱を予定表として使うようにすると向こう二ヶ月間の日付が設定された状態になります。
今日の日付で頭にToDoと入力し、後はその下にやらなくてはいけないことをツラツラと書くだけ。

Kamicopi

自分の場合はツラツラと入力する際に非常に簡単なルールを決めています。

  • 完了していないToDoの頭には「□」を、完了したら「■」と変更する。
  • 基本的に優先度が高いものを上に書く。
  • 優先度が高い中でも急を要するものは「□」代わりに「☆」を使う。
  • 詳細も含めて、全て同じ日付のところに書く。
  • 「■」や「★」となったものは、次の日には引き継がないで完了した日付のところに残す。
  • メールや口頭で頼まれたら直ぐに書くようにする。

といった具合です。とりあえず、これで今は何とか回ってはいます。まぁ、、仕事の負荷が高くなると大きな雪だるまが出来上がりますけどねヽ(;´Д`)ノ

よくあるツールでは一覧でToDoをリスト化して、詳細を見るにはワンアクション必要となる(OutlookのToDo管理しかり)。でも、個人的にはパッと見で、どの作業がどういう状態かを把握したいから、テキストベタ書きで管理している。バグの管理といったものは非常に管理する内容が明確であるため、内容がわからなくてもステータスで大体把握できる。しかし、日々のToDoといったものは千差万別であるため、一覧で項目とステータスがわかってもよくわらない。そもそも、ステータスのつけ方が難しいと思うから。

ToDo管理

パース

今日の朝、ノンが

「これパースで買ったの!」

と言った。

ん?

「それって、スーパーのことか?」

と聞くと、「しまった間違えた」という顔をしているではないですか。

いやぁ~、成長って面白いね♪

パース

[JavaScript] CSVファイルを生成してダウンロードさせたい。

ASP.NETだったらサーバ上でCSVファイルを生成してダウンロードさせることは簡単だが、
JavaScriptで同じことがしたい場合はどうすりゃいいのだ?と思い調べてみると。
(今更な話なのでしょうが・・・困ってるんですよ)
同じようなことで悩んでいる方はいっぱいいました。

んでもって、上記のページに書かれていたものにほんのちょっと手を入れたものが以下のもの。

function download()
{
var win = window.open("", "",
"width=1,height=1,directories=no,location=no,menubar=no," +
"scrollbars=no,status=no,toolbar=no,resizable=no");
window.document.width = 1;
window.document.height = 1;

FileName = "20081217.csv"
var fr = win.document;
var Data = "1,2,3,4,5";
fr.write(Data);
fr.execCommand("SaveAs",true, FileName);

win.close();
}

ファイル保存のダイアログでそのまま保存すると、文字コードがUnicodeで保存されます。
そのため、Excelで開くとUnicodeテキストと認識されてしまうのでカンマ区切りで表示されません。
なので、保存したファイルの文字コードを「Shift_JIS」や「UTF-8」に変換してやらないといけません。。。

要するに、JavaScriptでファイルを生成してダウンロードさせることは出来ないってことがわかりました。
(なんとかやりようがあるのなら、教えて欲しいですが・・・)
まぁ、普通ファイルはサーバサイドで生成するものですから(;´Д`)

つーか、こんなことで悩みたくね~・・・

[JavaScript] CSVファイルを生成してダウンロードさせたい。