昆虫産業

昆虫。正直、ワシは好きではないです。あんなに小さいのに、動くし、飛ぶし。よく見るとすんごいよく出来てるってのが、気持ち悪いと感じてしまうからです。しかし、この昆虫、ほかにもすごいんです。だてに4億年もの歴史があるわけではないようです(´ヘ`;)

昆虫パワーで病気を治せ

モンシロチョウの蛹の体液はがん細胞を死滅させ

番組の中では死滅させるとは言ってなかったような・・・。つーか、あれはモンシロチョウの蛹だったのか?ワシが見たのは、何かの幼虫みたいなやつで、かなり厳しい環境下で生き抜くために、水分がまったくないところでは完全に冬眠状態になって、水分を得るとまた動きだすというこれまたとんでもない能力をもつ昆虫がいるらしいのです。つまりは、この昆虫のDNAを利用して作ったものってのをがん細胞にくらわすと、がん細胞の活動を停止することができるってんだから、驚きです!

カブトムシの幼虫は抗生物質が効かない細菌を殺す機能を持つ

院内感染でよく名前が出てくるMRSA、いわゆる抗生物質が利かない憎いやつ。カブトムシの幼虫はこのMRSAを死滅させることができらしいのです。カブトムシがそうなら、クワガタも何かやってくれるんじゃねーか?とか、変な期待をしてしまいます(笑)

他にも人間のDNAを蚕に組み込み、この地球上に人間様の手によって生み出された「遺伝子改造蚕」・・・モスラではないです。はい。わかってるって。。つまらん冗談はさておき、この遺伝子改造蚕、こいつの作った繭から人工皮膚を作ることができるみたいなんです。。もう、あいた口が閉まらないわけです。どこからどこまでのものを「人間」って呼べばいいのでしょうかねぇ?ハート??

そしてこの改造蚕を養殖することで、現在使用されている人工皮膚の代用品を安い価格で市場に送り出すことができる。つまりは、これが「昆虫産業」。これから市場が大きくなっていくと目されている、いわば次世代の産業。しかーし、それがそうも簡単にはいかないようです。

アメリカのバイオ産業界では既に波紋を呼びかけているようなのですが、「そんな人間の手によって改造された昆虫が自然界に飛び出してしまったときに、どうするのだ?」ということ。確かにごもっともです。4億年という年月をかけて、厳しい環境に適応するために自ら進化を遂げてきた昆虫。その昆虫に対して、ちょっとわかったからといって、弄って、「あ、うまくいった!」見たいな感じで改造を施された遺伝子改造昆虫。カメンライダー?・・・違います。あれは改造人間です。

・・・

そんな偶然の産物みたいな昆虫が自然界に飛び出たら?そらぁ、何が起こるかわかったもんじゃないですよ。明日の天気もよくわかんねーのにねぇ。それは、波紋もどんどん大きくなりますよ。なんでこの昆虫産業はこれからどうなるのか?ちと見ものではありますね。

そこまでして生きる価値が我々人間様にあるのか?とも、思ったり。

バイオ企業に商業利用される『極限環境微生物』は誰のもの?

昆虫産業

Philippe S+ARCK

「デザイナーズブランド」のMSマウス、間もなくお披露目

ほぉ、ってなわけで、Philippe Starck氏がMSのマウスをデザインしたらしい。物はコチラで見れます。うーん、どうなんでしょう?実物を見てみないと何とも言えないですなぁ。
なんで、Philippe Starckに食いついたか?というと、ワシのいつもつけてる時計が「Philippe S+ARCK with FOSSIL」だから。。

Philippe S+ARCK

HYDROMOSIS 2004-06-26~27

HYDROMOSISクルーのみなさま、お疲れ様でした。
おかげさんで楽しくユルむことができました(笑)

場所は道志のちょっと奥まったあたり、道志道からそれ奥へ進んでほどなくすると、そこは林道。道志ってちょっと入ればこんなところがあったりして、面白いところだと思わされました。そして、その林道を数キロするむと広い空き地。早速、汗だくのゴアこあらのお出迎え(ご苦労さん)。その空き地に車を止め、少し下ったところが今回の空間。

今回のフロアでございます

キャンプ場としてはそれほど広くはないのですが、上下に空間が創れるのは面白いなぁっと思いました。今回は一番下がフロアでその横にはビックリするほど綺麗な川が・・・飲めるらしいですからねぇ。そして、フロアにはこれでもかってぐらいの凸(コウタ作)が・・・これまたビックリです。

いやぁ、綺麗でした。しかし、よく見ると・・・ん?

一通りブラブラした後、KG達のそばにテントをたてて暫し休憩。うーん、このあたりから既に記憶が曖昧な感じです(´▽`*)アハハ 別段、何をするわけでもなく、ふらふらふらふらしてたような。。

そして、時間は加速する。

こんな写真を撮ってしまうワシって、いったい・・・

2004/06/26 17:30 – START

ブースの横顔

踊るカレー屋にて「かまって欲しいバーコード」結成(笑)

フロアを上から!ボケボケだって・・・

踊れぇ

うまいカレー屋、というか休憩場所?(笑)

スーパーお笑いコンビw

あり得ないデカイ木があったんです・・・この写真じゃわかんねー

続く・・・(;´Д`)コンシュウチュウ ニ カキオワルノカ?
HYDROMOSIS 2004-06-26~27

DogFood and Poisen

素晴らしい精神を持つだけでは不十分。
重要なのはそれを上手に使えるかどうかだ。

– ルネ・デカルト

言われてみると当たり前のようなことですが、デカルトが言ったとなるとこれまた説得力が増してしまうあたりが面白いなぁと思ったり。いわゆる「ブランド」とでも言うのでしょうか。商品のブランド、会社というブランド、人というブランド。でも、このブランド。価値という視点だと個人差があります。実際、「デカルト?誰それ??」となれば、その人にとっては上記の言葉の意味がワシとは違ってくるかもしれないですから。まぁ、あとブランドと言えば、バッグとか。ワシなんか当然ながら興味なんかないわけで、ワシにとっての価値は大したことはないのです。あくまで、大してであって、否定はしない(笑)あるトランスの曲を聴いていて、そのときは「なんか違うんだよなぁー」とか偉そうなことを思っていても、その曲を作ったアーティストが(例えば)「KoxBox」であることを知ったら、不思議とその曲がかっこよく思えたりする。これもブランド?

何でいきなりデカルトの言葉なんかではじまったんだ?ってことですが、当然ワシはそんなことを覚えてるほど哲学のことを知る由もなく。所詮、「ソフィーの世界」を読んだぐらい(´ヘ`;) じゃぁ、何で?と自分で書いてて、「ひっぱりすぎだろ?」とか思ったり。だから、いや、今仕事のほうの勉強をしてまして、ここにもちょこちょこ言葉としては出てきている「Business Intelligence(BI)」についてなんですけどね。まぁ、まったくどこから手をつけたらいいもんかわからないんで、とりあえず本を読んでるのです。まぁ、その本の中でこの言葉が書かれてた、それだけです。はいっ

BI。個人的にはちょっと勉強を始めるのが遅かったかなぁ・・・とも思ったりしてるのですが、面白そうなんで、ね(笑)ただ勉強してても仕方がなくて、それを応用したソリューションなんかを考えないといけないわけで、それはお客様に提案して使って頂くもんなわけですよ。実際、うちの会社でもそういうもの(BI なシステム(?))を納めた部署は、まぁ、チラホラいたりします。

が!ここで疑問が沸々と湧きあがってきます。
お客さんに納めたのはテメーらのくせに、自分の会社にはどこを探してもそんなものは稼動してないって、ほんとにそれが便利かどうかわかってのか?ってなわけですよ。「これを導入すればビジネスが加速(゚Д゚ )ゴー!!」とか言ってる暇あったら、「自分達を加速させようよ」と。ましてそのソリューションを創れって、誰もしらねーじゃねーかよ。っと、突っ込みを入れたくなるのを抑えて、ふぅ、、自分達で創って、それがほんとに嬉しいものを創るためには、自分達でそれを使わないとわからない、とワシは思うのです。まぁ、最近になってようやくそういった動きがチラホラと見られてきたのは、いいことだと思います(オソクナイッ?)。それでほんとにその価値をみんなで共有できたら、がんばれると思うのです。営業さんだって、気合い入りますよ(笑)

こういったことをやってることで有名なところに「Microsoft」って会社があるわけですよ。この会社の名前、ワシのところで頻繁に出没しますが、別にワシはMSの犬ではないですよ(;´Д`)つまり、自分達が作る製品は、β版、RC版と実環境に導入して、それで実運用下で製品をよくしていくわけです。確かに、自分達使うものは、よくしたい!と思いますよ。とても理にかなってます。で、Microsoftでは自分達でこのモデルを「Dog Food」と言ってます。

そういや何でそういうんだっけ?と思って、最初にググって見つけたのが、コレ。思わず爆笑してしまった(笑)でも、ネタがマニアック過ぎるので、ほとんどの人は笑えないと思います。。(って、それって面白いのか?とか言わないでください、よくわかんないですから)じゃぁ、何なんだ?ってことなんで、もう1度ググると出てきたのがコレ。うーん、たぶん説明されてそうです。長かったし、堅苦しい内容だったので読んでません!

そういうわけで、Microsoftは自分達の製品を「Dog Food」と呼んでいるわけです。が!ワシから言わせてもらえば、「Dog Food」ってよりは「Poison」なんじゃねーか?と。

こんな言葉があります。
「毒を以って毒を制す」

いくら物を創る方法がよくても、いい物が創れなくては意味がないヽ(´ー`)ノ

DogFood and Poisen

Plastic Attack

某アーティストの曲名ではないです。
って、そんなつまらないことはいいとして(´ヘ`;)
深刻な話です。

プランクトンの中にもプラスチック――深刻化する海洋汚染

「われわれは毎年のように、海に関する悪い知らせを耳にしている。海が大きな問題を抱えている事実に、人間がようやく気づきはじめたのだ」

われわれに出来ることは・・・

Plastic Attack