過去・現在・未来

そういえば・・・あれだけセキュリティパッチを当てろー!っと叫んでいたにも関わらず、収容所のPCにはまだSP2を当ててません(;´Д`)キョウ カエッタラ ヤリマス

 人々はBill Gatesを誤解している。Gatesが望んでいるのは世界(あるいは、少なくともそのコンピュータ化された部分)を支配することではない。心の底ではLinuxのソースコードが丸ごと自然に消えくれたらと思っているかもしれないが、それは彼が一番望んでいることではない。

 昔に戻りたい–それがGatesの願いだ。

上記URLのコラムの冒頭で書かれている内容です。「昔に戻りたい」・・・何においても考えることは一緒なのかなぁっと考えさせられました。ITにおいて、これから数年後に戻りたい「昔」は今なのか、やっぱり昔なのか。それとも戻りたくないのか。新しいものが生まれ、それが成長していく過程で生み出されるエネルギーはとてつもなく大きく、そしてその過程で仕事(仕事だけでなく、別のものでも当てはまる)ができることほどエキサイティングなものはない、とワシは思います。Bill Gがその「昔」に戻りたいと願っているとコラムでは書きたかったのではないかと。新しいことを色々やろうとはしてますが、ここ最近、そんなに革新的なものはありませんね。かといって、前進することをやめることは許されないジレンマ。

過去・現在・未来

過去・現在・未来” への2件のフィードバック

  1. ごあコアラ のコメント:

    ITってーのがビルの手の届かないところにいってしまったのでしょうかね??ロボットを作った博士がロボットに支配されてしまうような感覚に似てるんでしょうか?パーティーも似てるのかな。って結局話はそこにいくのかよ!って感じ?

  2. あえてパーティ(Tranceシーン)には触れなかったけど、そういうことだす。
    あまりに状況が似てるからねぇ。生まれてから成長するまでのタイムスパンの短さとか。

コメントを残す