謎の穴

こんな時間に書くような話でもないのだが、書きそびれていて
どうしても書きたかったのであえて書かせていただく。

ある日、ノンと近所の公園に行った時の出来事。
ノンが砂場で遊んでいる間に、「なんか撮るもんねーかなぁ~」と
辺りを見回していると・・・やたら小さな穴が地面に空いていることに気が付く。

ん?

謎の穴

親指が入るくらいの穴だろうか、そこらじゅうに空いている。

何なんだ??

つーか、ちょっと気味が悪いぐらい空いてるんですけど。。。

んー

あ、。

気が付くまで暫く時間がかかりました(´ヘ`;)

そうかぁ~蝉の幼虫が出てきた穴か!

謎の穴の正体

上の穴三つに合わせて、3匹並んでの脱出跡をば。

そして、次の疑問が頭をヨギル。

蝉の命は1週間ほどと言われている。
そして、成虫になるまで9年近く土の中。
そう考えると。

「いったいあいつらは、どんだけ土の中にいるのだろうか?」と、思った。

この話をカミさんにした際に返ってきた答えは。

「蝉の層があるんじゃないの?」

それは嫌だw

実際のところ、他の虫の数に比べれば土の中にいる蝉の幼虫の数なんて、
大した話じゃないのだろうけど、想像したら頭の中では凄いことになって
いたのは言うまでもないw

ま、そんなくだらない話だ。

夕日に輝く時間

夕日に染まる木々は奇麗だった。

謎の穴

謎の穴” への2件のフィードバック

  1. 今のセブは東京と同じような季候なんだけど、蝉はいないんだよ。
    常夏で蝉は正直うざそうだから、いなくて良かったーと安堵な日々です。

  2. >opaMinoru
    蝉ってどこにでもいると勝手に想像してたけど、
    そうかぁ・・・いないところもあるんだ!!

    > 常夏で蝉は正直うざそうだから、いなくて良かったーと安堵な日々です。

    確かに常夏で蝉って・・・すげー嫌だw

コメントを残す