空飛ぶ無線LANアクセスポイント

ついに航空機でもブロードバンド・サービスを利用できるようになったみたいです。

ルフトハンザ、世界初の機内ブロードバンド・サービス開始

ルフトハンザ社は、ボーイング社の機内ブロードバンド・システム『コネクション・バイ・ボーイング』を採用した。機体後部にアンテナを搭載し、10基の静止衛星によって地上と結ばれる。当初は北半球でしか利用できないが、来年後半には南半球もカバーされる予定。

必死というか、何というか、すげーなぁー。飛行機で移動中もネットに接続して仕事をしないといけないんですかねぇ。ご苦労さんです。

空飛ぶ無線LANアクセスポイント

コメントを残す