一昔前では、いい年した大人が結婚していなかったら・・・

一昔前だったら、30歳も過ぎたいい大人が結婚してなければ、後ろ指さされるような社会だったと思うんですよ。でも、たまたま結婚して子供にも恵まれた自分としては、それはそれで間違ってなかったんじゃないか?って前々から感じていました。

結婚して、子供ができて、そこから学ぶことはほんとに多いです。「愛」というものがどういうものなのか?その片鱗に自分が触れたのは、子供が生まれてからです。今でも日々勉強って感じで、色々と気付かされる毎日です。実際、結婚しなくてもその域に達することができる人はいると思うし、実際周りにいます。

しかしね。人って基本ダメダメなんで、そういう制約のある中で、無理やりにでも学ぶ機械でもないと、そういうことに向きあおうとしないとも思うんですよ。実際、自分なんかその最たるものだと思うし。

でね。なんでこんなことわざわざ書いたかって言うとね。
以下のニュースを見たからなんですよ。

こういうことって、子供がいたら、親にとって子供がどれだけ大切か知ってるから、しないと思うんですよ。

いい大人が何やってんだよ。。。ってなるんですけど、そういう大切な当たり前のこと学ぶ機会すら放棄してしまったとしたら、残念な結果になるとは思います。最近のニュースを見ていると、そういう人がほんとに多いんじゃないか?って個人的には思ってしまうんですよね。

それこそ「育成に失敗」ってやつですかね。
人生は短いので、死ぬときに後悔だけはしたくないですね。

一昔前では、いい年した大人が結婚していなかったら・・・

コメントを残す