ドメーヌ・アラン・ブリュモン IGP ガスコーニュ ブラン 2012

20140313-090504.jpg
今日から飲んだワインを記録しようかと思って、第一弾。飲みやすいけど、うまいって思えるほどのものではないのがカミさん共々の印象。そもそも、本当に美味しいってどんなかも知らないんですけどね。ワインって難しい。

ドメーヌ・アラン・ブリュモン IGP ガスコーニュ ブラン 2012

ドメーヌ・アラン・ブリュモン IGP ガスコーニュ ブラン 2012” への2件のフィードバック

  1. rse00 のコメント:

    素人ながら、貴腐ワインをお勧めします。

    貴腐菌により水分が蒸発したブドウで作られるため、濃厚で、飽きのこない極甘口の白ワインで
    食後のデザート代わりにいいと思う。

    ドイツワインで糖度がトロッケンベーレンアウスレーゼのものやハンガリーのトカイワインとかお勧めです。

    通常のワインより少し値が張るけど、たまにはご褒美ということで飲むには十分手頃な価格です。
    自分は貴腐ワインに出会ってから、普通のワインは飲めなくなりました。
    ま、そこが素人なんだろうけど。

  2. swk623 のコメント:

    コメントありがと!

    甘いってよりは、食事にあう感じのを求めてるんだよね。正直、美味しいというのがどういうものかもわかってないんだけとねw
    ソムリエのいるお店にでも行ったほうがいいのかね。

コメントを残す