なでしこ

日本語で記述するプログラム言語の存在を今まで知らなかったのですが、「なでしこ」というものが正式にリリースされたらしい。この「なでしこ」は、IPA2004年度未踏ソフトウェア創造事業「未踏ユース」に採択されたプロジェクトの一つということで、未踏ソフトウェア創造事業で世に出たもので有名なものとしては、SoftEtherかな。
確かに、プログラムを勉強し始めたとき、「日本語で書けないものか?」なんてことを考えてた気がする。仕事柄、多少プログラムを書いているワシにとって、今となっては逆にわかりづらいと思ってしまったのも事実。慣れだとは思うけども、コードをぱっと見てわかりづらいし、何よりもコードを書くときに日本語に変換するのは非常に面倒(´ヘ`;)
でも、今までプログラムなんか書いたことがない!って人にとっては、とっつき易いものなのかなぁ?とも思うんですが、実際のところどうなんでしょ?ちなみに、プログラム言語の書籍で必ずといっていいほど最初に説明される「Hello World」を表示するプログラムは以下のとおり。

「こんにちは、世界」と表示。

これなら、はじめての人でもプログラムを書くことができるかも?どう??

なでしこ

コメントを残す