お手伝いロボット

娘と一緒に風呂に入ったときに、娘がお手伝いロボットになった。
そのときの細かい話の設定が凄すぎた。

  • 各種機能(できること)はカードとしてお腹の中に引き出しがあって、そこに入っている。ちなみに娘のサイズだと、3000枚収納できるらしい。
  • 作れる料理の情報もカードに登録されている。
  • 土日はお手伝いの仕事がない代わりに、ロボット達はみな博士のところにいって勉強をしているらしい。
  • オナラをしてくれといったんだけど、臭いがなかった。どうも臭いがする機能はなかったみたい。
  • お風呂の中で娘ロボが座り直したのを、今の動作は何?って聞いたら、姿勢を正す機能も実装されているらしい。
  • 博士はある一つのことだけは教えていない。それは、人間の脳みそがどういうものか?ということ。
  • ロボットがいるのはこの国だけで、他の国にはロボットは普及していない。だから、この国にくる人はロボットが多いことに驚くらしい。
  • 風呂から上がるとパジャマを隠されていた。でもそれは、モノを隠す機能が実装されているからだと。そんな機能はいらないだろ!と言ったところ、博士がはじめに入れた機能らしい。博士やるわ。

何なの?この設定。お手伝いロボットというところで、火の鳥のロビタを思い出した。娘には火の鳥を見せたので、その影響かもしれないが、急に言語レベルがアガったように感じた。

お手伝いロボット

コメントを残す