【Blog記事感想】技術なきマネジメントの衰退とその対策 – メソッド屋のブログ

ワシが大好きなMicrosoftのエバンジェリストの牛尾さんのBlogの記事です。
これを読んで思ったことを書き留めておきます。

ワシ自身もコードは書けません。ま、人の書いたコードを読んでDebugするぐらいです。それじゃあかんなーっと思ってではないですが、Pythonでテストの自動化ツールを作ったり、家でSwiftの勉強したり(これ最近できてないから、復活させないとだな。。)するぐらいはやってる、そんな程度です。

そんなワシから見ても、自分の会社の技術力は明らかに低下していると自分の目からは見えてる。自分のチームは主にWebアプリを作っていますが、なんつーか、使ってる技術もメソッドも10年ぐらい前から変わってないんですよね。まぁ、業務ありきなので、そんなの関係なくね?っともとれますが。それでも、ワシは少しでも新しいものを取り入れようとはしてるつもりです。そうでもして新しい技術に少しでも触れていないと、今いる会社が潰れたときに困ると自分は考えているからです。
後、技術力がないとプログラマーとの関係がうまく構築できないと感じています。
やっぱ、何にも知らないやつに、無茶苦茶なスケジュールでアレやれコレやれって言われても、やりたくないもんw って、自分でも思うから。

グローバルでは、やはり技術力が大事だということで、ものすごく納得。上司でコードが書けない人、というかコードを読むこともできない人がほとんどなんじゃないか?って感じですね、実際。昔はいましたよ。バグフィックスするPMの本部長とかw
元々、自分はコンサルになりたかったんです(今はどうかよくわからん)。でも、自分の知るコンサルって、システムのことを何も知らずに、理想や夢ばかり語る人がほとんだったんですね。だから、自分は技術に裏打ちされた上で理想を語るコンサルになりたいと思ってたことはあります。これは、コンサルだけなくて、PM(プロジェクト マネジメント)でも同様だと思います。
うーむ、コーディングはできるようにならないとですねぇ。

あとBlogの中で紹介されている「Mob Progamming」っていう手法。
これは、イイね!これは絶対楽しいと思う。

【Blog記事感想】技術なきマネジメントの衰退とその対策 – メソッド屋のブログ

コメントを残す