GoaTrance095

2017/11/04のはらっぱ祭りのときに自宅でライブをやった勢いで作った曲を何となく整えて仕上げた「GoaTrance095」をアップしました。良かったら聴いてみてやってくださいませ。

TB-3を自分のイメージするリフっぽい感じで鳴らせたのが、今回の1番の収穫です。鳴らす際には今回もBlueARPのお世話になっています。

今回使った機材等は以下のとおり

Delayとかのエフェクト周りは、今回はBitwigの標準のしか使ってなかった。
また、最初BassはMother-32で作っていたのですが、どうにも埋もれてしまうため、今回はTB-3で鳴らしてます。その他の各種シンセの設定周りを以下に吊るしておきます。

Moog Mother-32 Lead

導入部分で入れてる音はこの設定でならしてます。

GoaTrance09 Mother 32 Lead1

MiniBrute Lead

3分50秒ぐらいで入ってくる音が↓コレです。途中から、Sub Oscのフェーダーを半分ぐらいまでアゲてます。こういう音はMiniBruteだと鳴らしやすい。

GoaTrance09 MiniBrute Lead

GoaTrance095

モジュラーシンセの導入について考える

本記事は随時更新中です

PCのオーディオインターフェースのアップグレードを考えるアナログシンセで次の1台に何を買うかを考えるに引き続き、新たな「考えるシリーズ」です。前回のアナログシンセで次の1台にはMoog Mother-32を購入したのですが、1つの判断基準にモジュラーシンセにつなげるためというのも理由としてありました。

身近でモジュラーシンセを体感したのは、たまたまDJで誘ってもらったパーティで聴くことができたHATAKENさんのLIVEでした。それまで、ワシにとってモジュラーシンセってよくわからない小難しい音がなってる(失礼な言い方ですが…)というイメージだったのですが、HATAKENさんのLIVEは「何、このケーブルでグチャグチャのやつで、ちゃんとした曲になるの?(これまた失礼な言い方ですがw)」で、すげーカルチャーショックだったんです。それからですかね、モジュラーシンセ自体がシーンとして流行ってきていると知ったのは。そうなると、基本ミーハーなワシとしては、つい飛びつきたくなってしまうわけですw

モジュラーシンセ。これまたお金がかかる話なのでw 随分と長く悩むことを楽しめそうです。物を買うまでに悩む間のほうが、楽しいと思うのはワシだけでしょうか?まぁ、時間を浪費するぶん、随分と贅沢な楽しみ方だとは思いますけどね。

それでは、ワシの考える構想というか妄想にお付き合い頂ける方がいましたら、見てやってくださいまし。

今現在入れたいと思っているモジュールをModularGridで構成した画像です。

2017/11/20

ちょいちょいモジュール追加していますが、104HPの2段でも直ぐに埋まっちゃいそうw

Modulargrid 542380

続きを読む “モジュラーシンセの導入について考える”

モジュラーシンセの導入について考える

【解決済み】私の環境でmacOS SierraからHigh Sierraへのアップグレードで失敗した理由

結論

まず最初に結論です。失敗した原因は、ダウンロードしていたmacOS High Sierraのインストーラーが壊れていたためでした。
サイズもそれなりでパッと見ではダウンロードできているように見えます。かつ、実行できて途中までは動くので非常にわかりづらいかもしれません。ダウンロードしたファイルが壊れる(正しくダウンロードできていない状態)は、インターネットの回線の品質が良くないと起こり得る問題だと思っています。
以下に、アップグレードまでの経緯とインストーラーが壊れているかどうか?を確認するための手順の1つをまとめております。

続きを読む “【解決済み】私の環境でmacOS SierraからHigh Sierraへのアップグレードで失敗した理由”

【解決済み】私の環境でmacOS SierraからHigh Sierraへのアップグレードで失敗した理由

Patagonia R2

Patagonia R2

もうすぐ誕生日ということで、PatagoniaのR2を購入しました。
ありがとーございます!

機能性もですが、普段着から会社に行く時にも幅広く使えそうな使い勝手の良さを考慮して決めました。たまにしか着ないのは勿体無いので、日々着れるという点は自分の中で大きな条件でした(そうすれば多少高くても、十分Payできるとも思いますので)。後は、軽く羽織れて暖かいのも欲しかったので、願ったり叶ったりといったところです。

で、このR2。サイズを迷うという話をネット上でよく見かけていたので、吉祥寺の直営店に試着しに行ってきました。自分の身長は164cmで、体重は54kgと細い体型ではあるのですが、それでもXSだとピタピタでジッパーを閉めると締め付けられる感じがキツかったので、Sサイズをチョイス。
会社に行くときにはワイシャツなので、長袖のカットソーも持っていき確認もしました(気になることはとことん確認しないと気がすまないので、後から後悔もしたくないし)。腕の部分がSサイズだと多少は余裕があるので、ちょっと動きづらくなるけど問題なさそうな感じでした。

最近は服を買うことも少なくなりました。なので、長く着れるものを厳選していきたいですね。それもあって、最近じゃ色も黒とか白を選ぶことが多いです。年相応なんてことも、多少は考えることも増えてきましたw なので、R2の色は黒です。

Patagonia R2

Inner Space Dive

Moog Mother-32をゲットしてから、中々形にならなかったのですが、ようやく次の曲ができました。今までは曲名は番号をつけていただけでしたが、今回は曲名をつけたくなってつけてみました。自分はパカーンって開くって感じよりは内に入っていく音が好きで、今回の曲は自分でも内に入っていける感じがしたのでタイトルの名前をつけました。なんで、踊るってよりは、フロアでうずくまる感じかもしれませんw

曲のジャンルをGoa Tranceと銘打っていますが、自分でもコレがGoa Tranceなのか?もうね、よくわかんないです。

んで、今回使った機材等は以下のとおり

  • DAW:Bitwig 2.2 beta10(常に最新にアップデートしているので、たまたま今回はベータ版)
  • Audio I/F:Universal Audio Apollo Twin Duo
  • シンセ(ハード):Arturia MiniBrute, Moog Mother-32, Roland TB-3
  • シンセ(ソフト):Native Instruments Maschine, Massive

今回の曲では、Bass、Lead、SEとほとんどをMoog Mother-32で作ってみました。使ってみて思うのは、ほんとに音が作りやすいってこと。適当にいじってもそれっぽい音が出てくれるし(MiniBruteだと適当にいじると、どんどん音がおかしな方にいく。のは、ワシだけでしょうか?)、Resonanceも思いっきりかけても粘ってくれる。こういう使いやすさ(プロ用の機材って、扱いが簡単だと言いますし)が、Moogなのかと思い知った感じです。

音は比較的容易に作れるようになったはいいのですが、楽器も何一つ演奏できないし、センスもないのでフレーズ(ループ)を作るのにはいつもに増して苦労しました。そんな中、今回も助けられたのはBlueARPです。もうコレなしには、ワシは曲作れないですw リズム周りとかでもっと展開作れるようにもなりたいし、まだまだ学ぶことはいくらでもありそうです。

TB-3は脇役として最後にチョロっと使っている程度です。
メインを張る音は、やっぱ出ないですね。

マスタリングにはいつものようにiZotope Ozoneを使用、今回バージョンを7→8にあげてAssistant機能を使ってみましたが、見事なほどにドンシャリになってコレじゃない感が満載だったので、いつものように好みのプリセットでポンと出しているだけです。

とまぁ、なんかよくわからないことを書いていますが、良かったら聴いてやってくださいませ!

Inner Space Dive

Goa Trance 074

Goa Tranceの3曲目です。ほぼ1日で勢いで作ったものです。
良かったら、聴いてください!

今までの曲はあまりにも単調で、途中で自分でも飽きちゃう感じでした。
で、今回はそれを誤魔化すために、SEっぽい音を入れてみてます。
そのSEの音はソフトシンセで鳴らしていて、Native InstrumentsのMassiveを使ってます。

後半のリードの音もMassiveです。音はプリセットのものを使ってます。
シーケンスはMassiveのSTEPで鳴っているのですが、同じような感じに打ち込もうとしたのだけど、どうにも同じような鳴りにならない。カッコいいフレーズを作るのは、まだまだ試行錯誤が必要そうです。

↓今回からYouTubeにもアップしてみた。

Goa Trance 074