Kanon DIY 01

Kanon DIY 01

娘は自分で色々と作る。これがなかなかの出来で!
いつも驚かされるので、これからは記録に残しておこうと。

写真の小物はピン止めです。
娘が通っている絵の教室で、この日はレザーを使った飾りを作っていたみたいで、
そのレザーのあまりをもらってきてたんだけど(ワシも一枚もらいました)。
それを使って早速作ったものが上記の写真のピン止めです♪

最近の娘にとって、木工ボンドはなくてはならないツールのようですw

こういったDIYの精神はカミさんのお父さんに通じるものがあり、
ほんとにRespect!!!

今更ながらMarsEdit

ほんとに今更ながらMarsEditを導入。

ずーっと前に使用版を使って、コレは便利だ!と思ったけど購入に至らず。
このBlogもほとんど更新されずにほったらかし。今となってはネット上の袋小路。

なんとなく、TwitterとかFacebookで投稿していても、それだとあまり考えなくなっちゃったんですよね。
後から基本的に更新するようなこともないから、熟考しない感じでしょうか。
それだと何か発信している気にならなくて。

で、思ったことをある程度形にしてOutputしたいなぁっと。
そんな時にどうせならということで導入してみたんだけど、
これはマジで便利。まだ全然カスタマイズとかしてないけど
MarsEditのおかげでちょっとしたことをPostするのも苦じゃなくなった。

とりあえず、早いとこMarkDownでPostできるようにカスタマイズしないと。。

お手伝いロボット

娘と一緒に風呂に入ったときに、娘がお手伝いロボットになった。
そのときの細かい話の設定が凄すぎた。

  • 各種機能(できること)はカードとしてお腹の中に引き出しがあって、そこに入っている。ちなみに娘のサイズだと、3000枚収納できるらしい。
  • 作れる料理の情報もカードに登録されている。
  • 土日はお手伝いの仕事がない代わりに、ロボット達はみな博士のところにいって勉強をしているらしい。
  • オナラをしてくれといったんだけど、臭いがなかった。どうも臭いがする機能はなかったみたい。
  • お風呂の中で娘ロボが座り直したのを、今の動作は何?って聞いたら、姿勢を正す機能も実装されているらしい。
  • 博士はある一つのことだけは教えていない。それは、人間の脳みそがどういうものか?ということ。
  • ロボットがいるのはこの国だけで、他の国にはロボットは普及していない。だから、この国にくる人はロボットが多いことに驚くらしい。
  • 風呂から上がるとパジャマを隠されていた。でもそれは、モノを隠す機能が実装されているからだと。そんな機能はいらないだろ!と言ったところ、博士がはじめに入れた機能らしい。博士やるわ。

何なの?この設定。お手伝いロボットというところで、火の鳥のロビタを思い出した。娘には火の鳥を見せたので、その影響かもしれないが、急に言語レベルがアガったように感じた。

毅宣&明子 結婚式ヽ(´ー`)ノ

IMGP7790

オレこと人見の結婚式に行ってきた♪
ほんとにお二人の笑顔がとても印象的でした。

チャリ部のみんなは相変わらず、変わらんねw
残るは後2人。

2次会でかなり酔っぱらい、山手線で2度寝過ごした。
おそらく1周するぐらい乗っていたと思われるw

LAMY 2000とJETSTREAMのリフィル

IMG_1644_2

愛用しているLAMY 2000の4色ボールペンで使っている、JETSTREAMのリフィルを補充。
どこぞやのBlogでオススメってことで使い始めたJETSTREAMのリフィルは使い心地がよくオススメ。
純正のリフィルに比べて若干径が大きいみたいですが、もう戻る気がないので個人的に問題無し。

尚、LAMY 2000の前にはRotringのマルチペンを3本(Rotringは構造上すぐ壊れる。実際、3本とも壊れた)、シャーボX(壊れはしなかったが、デザインがイマイチ)を1本と使ってきて、マルチペンの終着点であるLAMY 2000で落ち着いている感じw
マルチペンで迷ったら、もうこの1択ですね。

|  

iOS8.1にアップグレードしてwifiのパフォーマンスは改善?

iOS8.1がリリースされていたので、早速インストール!
修正内容を見ると「一部のベースステーションに接続した際に発生するWi-Fiパフォーマンスの問題を修正」の文字が!!

これでやっと使い物になるか??ってなことで、インストール完了直後では既にパケ詰まりを起こしていたのか?遅いのは変わらなかったので、再度ネットワーク設定のリセットを実施し、とりあえず問題ない状態にしてみたけど、暫く使ってみて様子見ですね。

それ以外の修正内容については下記のページをご参照下さい。
(画面のキャプチャ取るの忘れてたわ・・・)

Mac OS X YosemiteでBitwig

Mac OS XをYosemite(10.10)に行きおいだけでアップグレード!
もうなんか最近は何が動作するか?とか調べるのも面倒なので(;・∀・)

で、なんとなーくBitwigを起動してみたところ。
Java 6が入ってないから以前のバージョンを入れろと言われた。
ちなみにBitwigのバージョンは「1.0.14」でした。
で、表示されたダイアログの「詳細」ってボタンをクリックすると、下記のページに。

ダウンロードしてインストールすれば、Bitwigは無事に起動。
起動後にバージョン「1.0.15」がきてたんで、早速ダウンロードしてインストール。
Javaだとこの辺りを気にしなくても動くのはいいやね。

プロジェクトを進めるにあたり思うこと

目下、いつものごとくトラブルプロジェクトに携わっているのですが。。
今までのワシのつたない経験の中で、気をつけないといけないと思うことを自戒の意味を込めて備忘録代わりに書き起こしました。今後も何か思いつくことがあったら書き足していこうかと思ってます。

なんか偉そうな書きっぷりですけど、ほんとにアタリマエのことしか書いてないです(;・∀・)

  1. 見積もり時にわからないことは放っておくな

    よくわからないからといって適当な見積は絶対にしてはいけない。見積もる上でわからないことがあれば、可能な限り情報収集をすること。どうしてもわからないけど見積もる必要があれば、条件をキッチリと絞り、リスクを上乗せすること。

  2. 初めてのお客様の場合には助走期間を設けろ

    特に初めてのお客様だと開始直後から絶対に何も進まない。少ない人員で助走期間を設けないと、気がつけば2週間とか簡単に過ぎてしまう。

  3. ヤバイと思ったらとりあえず騒いだほうがいい

    もうね、ヤバイって感じたらほんと直ぐにエスカレーションしろと。黙ってとんでもない状態になるんなら、オオカミ少年のほうがマシ。

  4. お客さんのやった要件定義は信用するな

    ワシの偏見かもしれませんが、経験上できていないと思ったほうがいい。

  5. 報告を鵜呑みにしない

    上がってきた報告を鵜呑みにせず、自分の目で確かめること。トラブルは発見が遅れることで、往々に発生する。
|   

Withingsで体重、体脂肪、血圧のトラッキング

体重と体脂肪についてはiOSのアプリでSimple Dietを使っていて、血圧については血圧ノートというアプリで別々に管理してました。しかし、やはりというか1つのアプリで一元管理したいと以前から思っていたのだけど、これといったアプリを見つけられていませんでした。

ふと、今日なんだけど、ググってみたらWithingsのHealth Mate by Withingsで体重、体脂肪、血圧を一元管理できて、尚且つWebのUIもあるということを知りました。これは使うしかないと思って早速インストール!

で、Webでアクセスしてみたところ、データをCSVでインポートできるではないですか!
これまた早速、Simple DietはGoogle DriveにCSVでエクスポートし、血圧ノートはCSVデータをメールで送信して取り込むデータを取得。んでんで、早速インポートしてみた。ちなみにCSVの形式は以下のようになっている模様。

  • ファイルはコンマによる列区切り記号付き、フィールド区切り記号なしのCSV形式であること。
  • ファイルはヘッダーなし(最初の行も他の行同様にデータを含む)であること。
  • 値は米国式数値書式(小数点による少数表示)であること。
  • データはyyyy-mm-dd hh:mm:ss形式(例:2013-11-22 08:35:00)であること。
  • 数値はダッシュボードと同じ計測単位であること。
  • 1ファイルあたり4,000行を超えないこと。

更に、体重・体脂肪については「2013-02-22 08:33:00, 68.5, 12.7」であり、体脂肪は「%」ではなく「kg」。尚、Simple Dietでエクスポートされるデータは「%」なので、事前に体脂肪率を体重にかけてkgに換算して上げる必要があります。この辺はささっとExcelで処理。

続いて血圧については「2013-02-22 08:33:00, 75, 120, 80」と日付の後ろは「心拍数、収縮期血圧、拡張期血圧」と順番にしてあげる必要がありました。血圧ノートは「日時、朝・夜、収縮期血圧、拡張期血圧、心拍数」となっていたので、こいつもExcelでささっと編集。

後は、WebのUIでインポートして移行は完了です。

Health_Mate

※追伸
なんと、こいつiOS8のヘルスケアにも対応していた!