【解決?】Windows7でIE11がインストールできない

IE11をインストールしていた状態から、IE8で動作確認する必要があったため、IE11をアンインストールしてIE8の状態にしていました。その状態から、再度IE11をインストールしようとしたところ、インストールできない!という事態に。

ログ(C:\Windows\IE11_main.log)で、とにかくずっと出ていたエラーは、下記のもの。「IE11-neutral.Downloaded.cab」をインストールする処理がどうやってもエラーになるというものです。インストールでエラーが発生したらこのエラーログ(C:\Windows\IE11_main.log)を見ることをオススメします。

INFO: Launched package installation: C:\Windows\SysNative\dism.exe /online /add-package /packagepath:C:\Windows\TEMP\IE1AF41.tmp\IE11-neutral.Downloaded.cab /quiet /norestart
INFO: Process exit code 0x00003715 (14101) [The identities of the manifests are identical but their contents are different. ]
ERROR: Neutral package installation failed (exit code = 0x00003715 (14101)).

ほんとにね。やることは全部やった気がします。
が、ハッキリ言って、どれもこれもダメでした。

下記のサイトに書いてあることは、大抵やりました。でも、ダメでした。

最終的にやったのは、2015年以降にインストールされたWindowsに関わるパッチをすべてアンインストールして入れなおしました。これも、インストールしなおした直後は、IE11のインストールはエラーになっていました。

が、今日になってIE9をインストールしろとOSが言ってきていたので、IE9をインストールしようとしたらエラーに。うるさいので、IE9のBlockerを設定。その後、念の為にIE11のエラーログ(C:\Windows\IE11_main.log)を取っておこうとおもって、IE11のインストーラをキックしたら、そのままインストールできちゃった感じ。

正直なところ、決め手となるものが何か?はわかっていません。

が、Windowsに関わるパッチのインストール順序?などにより不整合を起こしているのは間違いなさそうです。なので、私と同じようにパッチをインストールし直すというのは、問題の改善の手助けになるかもしれません。

MacBook Pro 15inch (Mid 2010) のGPU Panic問題について

OS X Mavericksにアップグレードしたあたりからでしょうか。いきなりOSが落ちるというのは頻繁に発生するようになりました。よく起こっていたのは、Google Chromeで普通にブラウジングしているときです。

再起動後に落ちていた原因が「GPU Panic」だと知る。

この問題について調べたところ、NVIDIAのGeForceのチップに問題があるということだった。色々と調べると無償対応もしているという話だったのだけど、購入から3年までで、Marvericksがリリースされたのは2013年の10月で、既に3年経過済み。。。今まで起きてなかったから気が付かなかっただけなのに、、、って感じで一旦諦めていました。

そこからはgfxCardStatusを利用し、騙し騙し使っていました。このツールも万能ではなく、例えばGoogle Chromeだと設定でどんなにGPUを使わないようにしても、プログラムを終了するタイミングでGPU切り替えてくれて、戻すのを忘れて使ってて落ちるということはよくありました。
Pixelmatorに至っては、GPUに切り替えないと画像が表示されないという致命的な状態で。かといってGPUに切り替えると、もうね瞬殺でしたね。1つの画像を加工するのに、何度落ちたことか。。。

てな感じで、ソフトウェアで回避することはできないと確信していました。
で、いい加減あきらめて修理にだすかと思い、2015/07/27にようやくGenius Barに持ち込みました。さすがに10万とか修理費にかかったら諦めようと思っていましたが、税込みで4万円ほどだったので、即断で修理を依頼。で、本日(2015/07/31)にロジックボードの交換されたMBPを受け取ってきて今に至ります。

持ち込んだ際に言われたのが、パーツ関連は製品がリリースされてから5~6年ぐらいしか確保していないため、今度何か故障したらもう交換用のパーツは無いかもしれないとは言われました。それを聞いて、タイミングとしては修理に出してラッキー!とは思いましたねw

本問題で使い続けている人は、もうあまりいないかもしれませんが、コレばっかりはハードの問題なので、早めに修理に出すことをオススメします。今まで普通に使ってても発熱してファンがブンブン回っていたのも、起きなくなってるし♪

Mix28

Mix28 by Swk623 A.K.A. Mario on Mixcloud



01. Snarling Black Mabel / Hallucinogen
02. Free Lemonade (Live In Paris 1995) / Total Eclipse
03. Psycho Pod / Psychopod
04. Super Skunk / Asia 2001
05. Double Dragons (Alternate Mix) / Doof
06. WhirlRain Of Water / Underhead
07. Goa Generator (Live Mix) / Infinite Zen
08. psychogenesis / Jago
09. My Dear Medical Insurance / Transwave
10. Return Voyage / Psychaos
11. Friends From Tau-Ceti / Infinite Zen
12. Jana (Hallucinogenic) / Killing Joke
13. Mars Needs Women (Live Mix) / Doof

Sword Art Online Ⅱ

Sword Art Online Ⅱを見終わりました。
Phantom Bulletの部分は個人的に消化不良だったのだけど、その後のMother’s Rosarioはよかった。最終話も言わずもがな、何も言うことなくよかった。

SAOの原作者である川原礫の作品は、SAO、Accel World、絶対ナル孤独者のラノベは全て好きで読んでたりする。
主観ですけども、川原礫の作品は他のラノベとは一線を画すものだと思っています。
何が?というと、伝えたいメッセージが根本的に違う。

彼の作品にワシが感じるのは「生き方」なんです。
もっともわかりやすいのは、Accel Worldで語られるインカネーションシステム(心意システム)です。作品のなかで何度も語られるのですが、作品の中では「想いが事象をオーバーライドする仕組み」として語られる。そして、それは現実世界でも同様だとも。
人生は白紙であり、運命は自身の手で描いていく。そういうメッセージをワシは感じるのです。

「生きる」ということについて、SAOⅡのMother’s Rosarioの最終話でユウキが語った言葉はほんとにグッときました。

「意味なんかなくても、生きてていんだ」

こういうメッセージをラノベ、アニメーションを通じて若い世代に伝わっているというのは、ほんとにすごいことだと想います。

SAOⅡも終わったことだし、Accel Worldの2期を期待していいですよね?
いや、Accel Worldのほうが好きなので、お願いします!

WordPress プラグイン「MW WP Form」で問い合わせフォームを作る

まんまる屋のページをWordPressに移行で「MW WP Form」について触れましたが、ココでは設定の仕方でワシが躓いた点も踏まえてまとめておこうと思います。何かお役にたてばと。。

プラグインのインストールについては適宜やってくださいまし。
ココではインストール後の設置から説明します。
で、説明ですが、手っ取り早くワシが設定した内容をベースで記載しておきます。 Continue reading

Excelでオブジェクト間を直線等のコネクタで接続するも、微妙にズレる!

Excelのバージョンを2007以降にしてからだろうか?Excel上のオブジェクトをコネクタ(矢印の線)で接続した場合に、何故かズレるようになって気持ち悪かったのだ。以前のバージョンではオブジェクトをCtrlとか押しながら移動させれば綺麗に揃ったものが、現状会社で使っているExcel2013ではオブジェクト配置を整列しても問題が解消されないので、半ば諦めていた。

しかーし、解消するための方法があったことに今になって知った。
えーっと詳しくはリンク先のページで見て欲しいのですが、コネクタのプロパティで高さが「0」でないとズレるっぽいです。これをデフォルトで「0」にする方法が知りたいものです。。。つーか、これってバグじゃないんですか?

まんまる屋のページをWordPressに移行

カミさんのやっている仕事「まんまる屋」のサイトをふと思い立ってWordpress化してみた。

今までは超ローテクのHTMLで作っていたのですが、、お知らせを追加して欲しいという要望があり、それだったらWordpressで作りなおすかと思ったのがキッカケ。
テーマはこてこての標準のやつです。えぇ。基本的に固定ページで構成しているので、公開しているページを設定するところまでほんとにチャチャっとできた。ほんとに楽ちんですわ。

で、一番時間がかかったのは問い合わせのFormのページ。最初は、Contact Form 7を使って作ってみていたのですが、確認画面がないし、色々と痒いところに手が届かないので捨てた。次に検討したのが「Trust Form」。これまた微妙だったので却下。

そして行き着いたのが、「MW WP Form」です。ハッキリ言って、もうコレ以外ないですわ。やりたいことは全てできました。が、使い方がよくわからないことがあり、設置には戸惑いました。この点、Contact Form 7はめちゃくちゃ簡単です。ま、実際にMW WP Formで設置出来てしまえば、何だそんなことだったのか、、、ということでしたけども。
なので、近々MW WP Formの設定方法等についてまとめておこうと思いまする。

BitwigをNI Maschineでコントロール

あまり需要のあることではないんで、情報があまりにも無いのでココに簡単にまとめておきやす。
BitwigMaschine用のスクリプトはいくつかあるのですが、今回は下記のスクリプトを使用しています。

GitHubからZipファイルをダウンロードして、解凍後のフォルダ「ni-maschine-master」ごと下記のフォルダにコピーします(以下、Windowsのフォルダも記載してますが、以後macでの確認内容となりまする)。

[OSX]
/Users//Documents/Bitwig Studio/Controller Scripts

[Windows]
%USERPROFILE%\Documents\Bitwig Studio\Controller Scripts\

続いて、解凍したファイルに含まれている「Bitwig Studio.ncm2」をダブルクリックして、Control Editorを起動します。起動した時点でテンプレートとして登録されるので、今後使用する場合にはUSBで接続しているMaschineで「Shift + Control」で起動して利用することができます。

Native_Instruments_Controller_Editor

では、Bitwigを起動して設定をします。起動後に「Options – Preferences」でPreferencesを立ち上げ、「Controllers」タブを選択します。

以上で準備は完了です。

試しにBitwigのPOLYSYNTHを選択してみます。この時にMaschineのコントローラーでBROWSEボタンで以下のような表示になります。このとき「DEVICE >」で同一コンテナ内のモジュールに移動できます。

IMG_1668

で、BROWSEボタンを再度押すと最初は「MACROS」が表示されるので、「COMMON」で下記のようにツマミの情報が表示されるので、後はツマミでコントールできるようになります。尚、他のツマミには普通に「PAGE」で切り替えれます。

IMG_1669

とまぁ、自分の備忘のためにも書き記しておきます。

追伸:2014/11/09 23:34

ちなみにAutomationをRecordする場合には、上記のスクリプトではうまく動かないようです。
確認したところ、下記のリンク先でダウンロードできる「BWSScriptPackage1.1.zip」だとAutomationのツマミも同期して動きました。なんかこうなると、上記のスクリプトとうまくマージして動くものを作って見たい気も。なーんてね(誰か作って~!)。

追伸:2014/11/11 23:35

尚、上記の2つのスクリプトが両方入っている状態だと、最初に入れたやつでAutomationも動くようになったみたいです♪